ZBrush-ShadowBoxで遊んでみる

UdemyでZBrushコースを購入してみた2の続き。ShadowBoxのセッションに入りました
参考ドキュメントはこちら







ShadowBoxとは

マスクを利用して3Dプリミティブを作成できるツールです。専用の立方体のShadowBoxに正面、側面、および底面のシャドウ(マスク)をペイントすると、その中にモデルが生成されます。基本的にはベースメッシュ生成ツールとして、低解像度設定にして作成するのがおすすめです

ShadowBoxの使い方

  1. Polymesh3Dオブジェクトを選択
  2. Tool>Geometry>ShadowBoxのResスライダーで解像度を選択
  3. ShadowBoxボタンをON
  4. マスクを描く様にペイントしていく。(LazyMouseやBacktrackの機能を使用して、ッシュの線を鮮明にすることを忘れないでください。)
  5. ShadowBoxボタンをOFF。ベースメッシュの完成

するとロードしていたオブジェクトの前面、側面、および底面の影が対応する平面にマスクとして投影され、これらのマスクを編集するとメッシュが再構成されます。

Note
何もない状態から開始したい場合は、Polymesh3DオブジェクトでShadowBoxを作成後にマスクを解除(Ctrl+何もない空間をドラッグ又はCtrl+Alt+ShadowBox全体をドラッグ)

ShadowBoxは編集モードなので、オリジナルの3Dモデルは失われます。 元形状を残しておきたい場合は、ShadowBoxをアクティブにする前にクローンを作成してください。

作業面の表示/非表示

各面にPolygroupが割り当てられているのでCtrl+Shift+クリックで任意の面を表示/非表示させることが出来ます

編集時の注意

  • ビューポートは直交ビュー(orthogonal view)にすること。(パースペクティブの場合はPで切り替え)。この状態>
  • Ghost transparencyをON。3Dオブジェクトが投影面上のマスクを隠してしまうのを防ぎます。この状態>
  • モデルを作成する際は何度もShadowBoxをON/OFFしないこと。ShadowBoxに戻るたびにメッシュを再構築してしまい、ShadowBox以外で行った変更を破棄することがあります。

SubToolを使って作業する

ShadowBoxはSubToolsで直接動作することはできませんが、ShadowBoxモデルをSubToolとしてロードしたりすることができます。他のSubToolsを参考にして小道具やベースメッシュを作成することが出来ます。

ShadowBoxにリファレンス画像を貼る方法

ShadowBoxの面はUVを持っているのでSpotLightやPolyPaintを使って直接適用することが出来ます

SpotLightを使ったリファレンス画像の貼り方

  1. Tool>UV Map>MorphでShadowBoxを展開させる
  2. ShadowBoxに貼りたい画像をTextureに読み込む
  3. Texture>Add to Spotlightで読み込んだテクスチャをSpotlight上に追加。
    Tile Unifiedで大きさをそろえる(全てのテクスチャが同じサイズで整列します)

    Spotlightの使い方についてはこちらでやってます>ZBrush-SpotLightを使ってみる
  4. 展開したShadowBox上に読み込んだリファレンス画像を配置
  5. SpotlightのダイヤルをOFF(Z)にして、RgbをON、ZaddをOFFにして、StrokeをDragRectに変更し画像をShadowBoxに焼き付ける
  6. SpotlightをOFF(Shift+Z)にする
Point!
リファレンスを配置するにあたりガイドの線があったほうが良い

配置するときの目安が必要ですね。

ShadowBoxでアルファを使用するには

  1. LightboxからShadowBox128.ZTLをロードします。
  2. Tool>TextureMap>Clone Txtrを押し、テクスチャを複製。Textureパレットから複製したテクスチャを書き出します
  3. 出力したShadowboxのテクスチャをphotoshopなどの画像編集エディタに読み込みます
  4. その画像をガイドとし、アルファを作成します
  5. ShadowBoxがロードされている状態で、キャンバスの背景をCtrl +クリック+ドラッグしてマスキングを解除、ShadowBox上に何もない状態にします
  6. Alphaパレットで4で作成したアルファを読み込み、Tool>Masking>Mask By Alphaをクリックします
  7. ShadowBox上でCtrl +クリックし、更新します

遊んでみました


Radial SymmetryとMatchMakerブラシの組み合わせという簡単かつ面白いチュートリアルがありました。

さくっと出来て楽しいですね







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =