ZBrush-SpotLightを使ってみる

使えそうでつかってなかったSpotlightを使ってみようかと。
リファレンス画像として利用するなら他にも色々あります>ZBrush-リファレンス画像表示の色々







概要

SpotLightはプロジェクションテクスチャリング機能でZBrush上にテクスチャを読み込んでペイントすることが出来る。ZBrush上で使用するテクスチャの色相、サイズ等々編集することが出来る機能を持ち合わせている。

Point!
PolyPaintとして描くため、ポリゴンが十分にあることが大事。SpotLightを使うにあたりUV、テクスチャマップは必要なし

起動方法

  1. Textureパレットにテクスチャを読み込む
  2. モデルにペイントしたいテクスチャを読み込みTexture>Add to SpotLightボタンを押す

    ドキュメント上にダイヤルと読み込んだテクスチャが表示される。

使い方

基本的にSpotLightがダイヤルが出ている間はテクスチャ画像の編集をし、SpotLightのペイントモード(後述)に切り替えてテクスチャを描くという2段構造になっている。

ダイヤルの基本操作

あとは基本的に各機能上でクリック又はクリック&ドラッグするとその機能が反映される

SpotLightのON/OFF

Add To SpotLightの隣にあるTurn On Spotlight(Shift+Z)
ちなみにOFFにしてまたONにした際はダイヤルが消え、ペイントモードになっている

SpotLightのペイントモード

Zキーを押す。もう一度押すとダイヤルが戻り、再びテクスチャを編集することが出来る

テクスチャを複数配置したい場合

起動方法と同様の手順を繰り返す。

Point!
選択されているテクスチャは赤いアウトラインがついている。
テクスチャの外側の空いてるスペースをクリックすると全てのテクスチャをまとめて操作できる

 

 

機能

1:Rotate

テクスチャを回転させる。
Shiftを押しながら行うと内側の刻み目にフィットして回転する。

2:Scale

テクスチャをスケーリングさせる。
CTRLを押しながら行うと不均等スケールをかけることが出来る

3:Pin Spotlight

ストローク開始時にテクスチャの使用部分を指定できる。指定するにはSpotLightダイヤルの中心を使用したい部分に移動させる

4:Spotlight Radius

PinSpotLightで指定されている部分を円状確認することが出来る。
ペイントやスカルプトでテクスチャのどの部分を使用するかをプレビューするだけ
デフォルトでは0に設定されているため。見えていないがクリック&ドラッグで表示、半径を制御できる。

5:Opacity

テクスチャの不透明度の変更。
ただしペイントやスカルプトには影響しない

6:Fade

重ね合ったテクスチャをミックスしてブレンドするために不透明度を制御する。
デフォルトでは0のため、Fade機能は働いていない

7:Tile Proportional

クリックするとテクスチャのピクセルサイズ(解像度)に基づいてドキュメントの左側に寄せる。もっとも大きなテクスチャは上部に配置され、ビジュアル的にも大きく表示される。

テクスチャを選択すると、実際のサイズがインターフェースの左上に表示される。

8:Tile Selected

クリックすると選択したテクスチャが大きく保たれ、それ以外のテクスチャは選択したテクスチャの下に配置される

9:Tile Unified

全てのテクスチャが同じサイズでドキュメントに左側に配置されます

10:Front

選択したテクスチャを前面に

11:Back

選択したテクスチャを背面に

12:Delete

選択したテクスチャを削除

13:Flip H

アクティブなテクスチャが水平反転

14:Flip V

アクティブなテクスチャが垂直反転

15:Tile H

水平方向にタイリング
SHIFT+ドラッグで水平・垂直同時にテクスチャをタイリングすることが出来る

16:Tile V

SHIFT+ドラッグで水平・垂直同時にテクスチャをタイリングすることが出来る

17:Grid

位置やプロポーション、長さなど測るためにチェックパターンやグリッドラインを使用することが出来る。
時計回りにクリック&ドラッグすると、チェックパターンが適用される。
反時計回りにクリック&ドラッグするとグリッドラインが適用される。

チェックパターンやグリッドの色は現在Colorパレットで選択されているMainColorによって設定される。

Grid適用した画像を元に戻したい場合、Restoreアイコンを時計回りにクリック&ドラッグする

18:Restore

clone, smudge, saturation, hue, intensity, colorやfillなどの効果を元に戻す機能。これらの効果は非破壊性のもので、オリジナのテクスチャはいつでも復元出来る。

  • 時計回りにクリック&ドラッグ:選択された画像を元に戻す
  • ブラシを使用して一部分だけ元に戻すことも可能。
    Restoreアイコンをクリックして、ペイントするだけ。RGB Intensityスライダーで強度をコントロールすることが出来る
  • Nudgeは戻せない

19:Nudge

テクスチャを部分的に伸ばしたり、歪ませたり移動させたり出来る。
Nudgeアイコンをクリック。ブラシの強度はZ Intensityスライダーで調整。滑らかにするには、SHIFTキーを押したままブラッシングします。

  • Nudge brushは4段階の解像度のレベルを持っており、解像度を上げるにはDキー。下げるにはSHIFT+D。高解像度では画像を微調整するために制御しやすくなり、低解像度ではSHITFキーを使用してのスムージングに大きな効果をもたらす。
  • Nudgeブラシが選択されている間はブラシモードになります。SpotLightの中でロードされたどんな画像でもクリックすることでNudgeを適用できる状態になる。
  • ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

    このブラシモードを止めるには、もう一度Nudgeアイコンをクリックする。
    CTRL+Zをクリックすることによって、どんなNudgeも元に戻すことが出来る。(Restore機能では戻らないので注意。)
    Nudgeアイコンを時計回りにクリック&ドラッグすることで、Nudgeを適用する前の元の状態に戻します

20:Clone

選択しているテクスチャ又はSpotlightでロードされているテクスチャ上に他のテクスチャを部分的に描画することが出来る。
Cloneアイコンをクリック。ブラシの強度はZ Intensityスライダーで調整。
Clone元はSpotLightダイヤルの中心オレンジ色の円。

Nudge機能同様、ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

このブラシモードを止めるには、もう一度Cloneアイコンをクリックする。
Restore機能で元に戻すことが出来る

21:Smudge

テクスチャをぼかすことが出来る。
部分的にぼかすにはSmudgeアイコンをクリックしペイント。ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。
全体をぼかすにはSmudgeアイコンをクリック&ドラッグ。一気にやるとボックス状のブラーがかかる。

Nudge機能同様、ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

このブラシモードを止めるには、もう一度Smudgeアイコンをクリックする。
Restore機能で元に戻すことが出来る

22:Contrast

テクスチャのコントラストを調整する。
部分的にコントラストを調整するにはContrastアイコンをクリックしペイント。ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。コントラストを下げるにはALTを押しながらペイントする。
全体のコントラストを調整するにはContrastアイコンをクリック&ドラッグ。
時計回り:コントラストを上げる
反時計回り:コントラストを下げる

Nudge機能同様、ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

このブラシモードを止めるには、もう一度Contrastアイコンをクリックする。
Restore機能で元に戻すことが出来る

23:Saturation

テクスチャの彩度を調整する。
部分的に彩度を調整するにはSaturationアイコンをクリックしペイント。ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。彩度を下げるにはALTを押しながらペイントする。
全体の彩度を調整するにはSaturationアイコンをクリック&ドラッグ。
時計回り:コントラストを上げる
反時計回り:コントラストを下げる

Nudge機能同様、ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

このブラシモードを止めるには、もう一度Saturationアイコンをクリックする。
Restore機能で元に戻すことが出来る

24. Hue

テクスチャの色相を調整する。
※部分的に色相が変化できるようだが、ブラシでの効果はよくわからない

全体の彩度を調整するにはHueアイコンを時計回りにクリック&ドラッグ。

Nudge機能同様、ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

このブラシモードを止めるには、もう一度Saturationアイコンをクリックする。
Restore機能で元に戻すことが出来る

25:Intensity

テクスチャの輝度を調整する。

部分的に輝度を調整するにはIntensityアイコンをクリックしペイント。ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。輝度を下げるにはALTを押しながらペイントする。
全体の輝度を調整するにはIntensityアイコンをクリック&ドラッグ。
時計回り:輝度を上げる
反時計回り:輝度を下げる
※テクスチャの一部又は全体の輝度が下がりきって真っ黒になった場合は、その部分は透明になる

Nudge機能同様、ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

このブラシモードを止めるには、もう一度Intensityアイコンをクリックする。
Restore機能で元に戻すことが出来る

26. Paint

カラーのストロークをペイント、テクスチャの一部又は全体を選択したカラーでペイントする

カラーのストロークをペイント

Paintが選択されてる間、ブラシモードになります。強度を変えるためにSpotLightにロードした画像をクリックして描き始めることが出来る。
ペイントする色はColorパレットのMain Color、ALTキーを押すことでsecondary Colorに切り替えることが出来る。

カラーの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

カラーで全体を塗りつぶし:

main color又はsecondary colorで画像を塗りつぶすには、最初に塗りつぶしたい画像を選択。
main colorで塗りつぶす:Paintアイコンを時計回りにクリック&ドラッグ
secondary colorで塗りつぶす:Paintアイコンを反時計回りにクリック&ドラッグ

テクスチャの一部塗りつぶし

Paintブラシが選択されている間、画像の一部をmain colorで塗りつぶすことが出来る。
Ctrlキーを押しながら、塗りつぶし始めたいところをクリック&ドラッグ
遠くにドラッギングするにしたがってmain colorを塗りつぶしていくので望むエリアを塗りつぶすまで、ドラッグを続ける。

ドラッグ中、望まないエリアまで色を塗りつぶしてしまった場合、ドラッグの方向を逆にし、スタート位置に戻ることが出来る。スタート位置にドラッグして戻ることによって改めての望むエリアを塗りつぶすことが出来る。

マウスボタンを離すと、塗りつぶしは停止。このドラッグを繰り返して、好きな色で画テクスチャの他の部分を塗りつぶすことが出来る。
1回のストロークで必要なエリアを塗りつぶすことができない場合がある。より複雑な画像には、必要なエリアを完全に埋めるために、短いドラッグ操作が必要な場合がある。

塗りつぶしの間、Shiftを押すと塗りつぶしている領域の周りを若干縮小することが出来る。
アウトラインを作成するために最初に塗りつぶしたの色の内側に別の色で塗りつぶすことが出来る

塗りつぶした後に、そのエリアを別の色に差し替えるには
差し替えたい色の上にSpotLightダイヤルの中心のオレンジの円がくるように配置。
CTRLを押したままPaintアイコンを時計回りにクリック&ドラッグするとたmain colorに。
反時計回りにクリック&ドラッグするとsecondary colorに差し替えることが出来る。

真っ黒でペイント又は塗りつぶすことでどんなテクスチャも透明にすることが出来る
画像の透明部分はモデルに対して影響は与えないが、透明なエリアは画像から削除されたわけではないことに注意い。その透明エリアに再び色をつけることが出来ます。

Nudge機能同様、ブラシモードの間、画像をクリックしてもSpotLightダイヤルを動かすことができないので、代わりに、SpotLightダイヤルのセンターのオレンジの円の中をクリック&ドラッグすることでSpotLightダイヤルを移動させることが出来る

このブラシモードを止めるには、もう一度Paintアイコンをクリックする。
Restore機能で元に戻すことが出来る

まとめ

ZBrush上でテクスチャを編集できるツール。リファレンス画像を配置したりと使い用途は様々ある模様。そのあたりも手をつけたらまとめます。
まとめましたリファレンス画像として利用するなら他にも色々あります>ZBrush-リファレンス画像表示の色々



ZBrushの講座もあるオンライン学習プラットフォームudemy.com
一度購入してしまえば、何度も見れる&進捗も管理できる、講師に質問を投げれるのでおすすめ。外国語に比べ少ないですが日本語のZBrush講座もあります。
少しずつ進めている話はこちら>UdemyでZBrushコースを購入してみた1

 


精度を求めるならIntuosですかね。やっぱり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 17 =