UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作~

オンライン学習のプラットフォームUdemyにてZBrushのコースを購入してみた記録。
UdemyでZBrushコースを購入してみた1/2の続き。
Udemyってなによ?という人は1を見てもらうと早いです。

いよいよキャラクタ制作に入ってきました







Esculpido Orgánico Digital con ZBrushの続き

Udemyのよいところは進捗状況が残っているので、前から間が空いても前回の続きから再生できるのですよね。

セクション6:Cabeza y brazos

47~48の受講が終わり49の途中です。
ZBrushで作る初めてのキャラクター制作です。完成まで持っていけるか、、!?

大まかな流れ
  1. リファレンス画像の配置>ZBrush-リファレンス画像表示の色々
  2. Dynamesh+インサートメッシュを利用してリファレンスに沿ったベースメッシュの作成
    1. Gizmo3D(トランスポーズ)を利用した、メッシュの複製>ZBrush4R8-GIZMO 3D その他の操作
    2. ポリグループを利用して形状の調整
Note
よく使う機能は作業画面上に置いておくと便利

やり方はこちら>ZBrush Tips~逆引き備忘録~ UIの編集と保存

あとはブラシサイズの変更(S)は多用しますね

進捗

  1. リファレンスが濃すぎたのでDrawパレットで調整。
    >ZBrush-リファレンス画像表示の色々リファレンス画像の設定
  2. メッシュがボコボコなのでなだらかにしていきます

 

まとめ

続きはまた。

Udemyには日本語のZBrushコースもあるので興味がある人はそちらから入るのもありやもしれません

 

☆ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCore(ZBrushの簡易版)からどうぞ。趣味にもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + five =