ZBrush 4R8 インターフェースを日本語から英語に

おそばせながらインストールしてみました。ZBrush4R8.
購入して数年。今回もユーザーには無料でアップデートできてます。太っ腹!
今回注目はギズモ機能ではないでしょうかね!?







あとは日本語化対応したそうですが、元々英語でやっていたユーザーにはあまり需要がないのかも?とも思ってますがこれから初めようとするユーザーには取っ掛かりによいのかもしれませんね。

私は海外のドキュメントを漁るのに脳内変換しなければならないのと、3Dソフトのにたまにある「日本語環境では動きません」という状態になるのがイヤなので、英語でインストールしました

、、、

日本語やんけ、、、

あれーインストールする言語の選択間違えたかな?と思ったものの入れてしまったものは仕方ないので環境設定>言語からEnglishに変更しました

Point!
Prefarence>Config>Store Config (CTRL+SHIFT+I)で設定保存を忘れずに!

これ忘れる。よく忘れる

LightBoxの中も昨今のZBrushの需要を反映しているかのように充実してますね。
DemoAnimeheadとかJewelyとか

久しぶりにZClssroomを覗いたら日本語字幕がついてる!!!coreだけど一緒なのかな?
これはありがたい!

ローカライズあるあるで、機能が不思議翻訳されてるけど(笑
是非ドキュメントもローカライズして欲しい!

いじくるのが楽しみですね。









ZBrushの講座もあるオンライン学習プラットフォームudemy.com
一度購入してしまえば、何度も見れる&進捗も管理できる、講師に質問を投げれるのでおすすめ。私もいくつか購入してます→UdemyでZBrushコースを購入してみた1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − one =