ZBrush-ZSphere 基本的な人型の作成

昔のWiki掘り起こしのためSSは古め。
スタンダードな作成の方法です。参考ドキュメントはこちら

Step1 ZSphereの配置

  1. ToolパレットからZSphereを選択、キャンバスに描いてTを押してEditモードに
  2. Transform>Activate SymmetryをON。XをOFFにしてYをONに。
    ZSphereの上面でクリック&ドラッグし、新しくZSphereを追加します。

SymmetryをONにして、ボトム(底面)から次のZSphereを追加します。これがキャラクタの胴体になるでしょう。再びYをOFFにしてXをONにします。

Step2 手足頭の作成

  1. Moveモードで、ZSphereの位置を変え、Drawモードで肩やヒップ部分のZSphereを追加します。Shiftを押しながらクリックして追加すると、親と同じサイズになります
  2. Moveモードで、ZSphereの位置を変えます
  3. Drawモードで、灰色のLink-Spheresをクリックして、ひじとウェストとすねとして、新しいZSphereを追加します。
  4. Aを押して、メッシュを確認します。
  5. 首や頭用のZSphereを追加します。Scaleモードで、リサイズしてください

Step3 メッシュ化

再びAを押して、メッシュを確認します。
Tool>Adaptive Skin>Make Adaptive Skin を押してください。そしてToolパレットから作成されたメッシュを選択し、そのモデルでスカルプトを開始します。

まとめ

ちゃんと作るとしっかりとしたベースメッシュができるという例

カートゥーンもクリーチャーもZShereを使いこなすと調整可能かつ容易にベースメッシュを作成することが出来ますね。

☆ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCore(ZBrushの簡易版)からどうぞ。このデジタルコネコネは趣味にもおすすめ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =