指の腱と神経損傷により大学病院に入院した記録 その2

指の腱と神経損傷により大学病院に入院した記録 その1の続き

前回紹介状を頂き大学病院に行き、手術に至った記録。ケガをしたら一日でも早く適切な病院に行きましょうの巻







初めての大学病院

覚悟してください。混んでますよ。激混みです。

8:15 受付

受付開始時間15分ほど前に到着。
再診予約機まち行列が超蛇行。初診受付、予約外受付の席(100席)ほどの半分ほどは埋まっていました。

時間とともにチャイムがなって受付のシャッター一斉に開きました。
さすがに毎日大量の人間を捌いているためか、受付の対応が早い早い。キリッ!サッ!サッ!15分ほどで大量にいた待ち人をさばききりました。すごいね

初診に必要なもの
他病院からの紹介状
※この病院ではこれがないと保険外併用療養費の選定療養費として5,400円かかります。産院でお世話になった総合病院でも同じシステムだったので大きい病院では当たり前なのやも
・保険証

 

診察券ができて形成外科へ案内されるまで約30分

9:05 待合

受付で簡単な問診票を記載して順番待ち。
その間保育園からの電話あったり(子供の連絡帳を置き忘れてしまったゆえ、諸々の確認)、ぼけーとして待ってました

 

9:20 診察

診察室に呼ばれ診察。星野源に似た若くてイケメン医師。
早速状況と状況を確認して早速検査。
ジェルを塗って、シェーバーみたいな形の機器を当て怪我の状況確認と状況の説明をしてくださいました

 

イケメン医師

腱が切れて、ここまで来てます

おぉ。(このシェーバーでそんなことがわかるのか)

イケメン医師
指の痺れは神経が切れているもので、神経自体は1mm程度のもの。顕微鏡で手術をすることになるのですが、切れた神経が見つかれば縫合できますが、それは見ないとわからないです。
腱の縫合は必須、神経は見つかれば対応

動かないものと半ば諦めてたんで少しでも回復する可能性があるならなんでもいっす。ホント

イケメン医師

いずれにしても怪我をして大分時間がたってるので(※受診日は事故から2週間後)なるべく早く手術しましょう。
幸いにも今日はまだ早い時間に診察できたので、事前検査をやってしまおうかと思うのですがお時間いかがですか?その間に手術日確認しておきますね。
いずれにしても怪我をして時間がたってるのでなるべく早く手術しましょう。3週間も過ぎれば腱が癒着を起こしてしまいますしね

ということで朝一に行ったため事前検査をすることになりました。

診断
深指屈筋腱断裂・指神経断裂

 

ここで致命的ミス!この病院では受診後カルテを形成外科窓口でチェックしてもらわなきゃいけなかったらしく、それを知らずにしばらく待合室で呼ばれるのをボケーっと待ってました(※呼ばれない)初めての病院では受診後の流れを確認しましょう

10:40 事前検査

採血、検尿
心電図
レントゲン
動脈採血※血中の酸素濃度を調べるとか。医者しか採血できないらしい。普通の採血より痛い、なのにやたら時間がかかりました。

11:20 手術日決定

諸々の検査が終わって再度形成外科へ。

イケメン医師

突然なんですが明後日入院とかできますかね、、?ちょうどキャンセル出たんですよね。お仕事の都合とか都合どうですか?

確認はしますけど、仕事の都合はつけてもらうんで大丈夫です。子供のこともあるんですが日帰りで行けるもんですかね、、

イケメン医師

いえ、多分全身麻酔になるので2泊3日ですね。

おぉ、、(ぜ、、全身麻酔だって大事じゃないか!?)了解です

腕の根元を止血して手術をする方法というのもあるそうなのですが、それがすごく痛い。なおかつ、腱がどこまで引っ張られてしまうかによって開くエリアが拡大する可能性があるとのことで、この病院では全身麻酔での手術を推奨していました。指であれ自分の体にメスが入る感覚を味わうのも嫌なのでかえってよかったのかもしれません。

まとめ

ということで、早々に入院することになりました。思ったより大事になってきたなーというのが感想です。検査中の雑談の中で「ドアで挟んで腱断裂なんてこともありますからねー」なんて言われるほど日常的に腱が切れてしまうことはあるそうですおかしいと感じたらすぐに病院に行って下さい。受傷してからの期間がその後の回復に少なからず影響を及ぼします

突然のことにも関わらず会社やクライアントさん、そして夫も仕事のスケジュールを調整して頂き感謝。

入院編はまた次回
>指の腱と神経損傷により大学病院に入院した記録 その3







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 12 =