Realistic Paint Studio-リファレンス画像をキャンバスに追加する方法

リファレンス画像をレイヤーとしてキャンバスに追加する方法のご紹介です。

 

下絵が欲しい。

参考画像を並べたい。

 

という方におすすめです。

 

この記事がおすすめな人
  • リファレンス画像を読み込みたい人

 

 検証バージョンはWindows版 Realistic Paint Studio_v1.01です
 タグのRealistic Paint StudioをクリックするとRealistic Paint Studioで調べた他の記事も確認できます

参考

Add reference image@Realistic Paint Studio Support

スポンサーリンク

リファレンス画像をキャンバスに追加する

リファレンス画像を追加する場合はリファレンスレイヤーとして読み込みます。

 

  1. 画面左上のレイヤーパネルのオプションボタンをクリックし、Add reference layerを選択します。

  2. リファレンスにしたい画像を読み込みます。インポートされたリファレンス画像の入ったレイヤーは自動的にreference layerになります。

     リファレンスでサポートされているファイル形式はJPGとPNGです。
  3. リファレンスのサイズや角度を調整します。出来上がったら✔マークを押します。

    moco
    一度確定したら、再編集する方法はないようです。※あったらご教示ください
  4. reference layerの不透明度を下げ、画像の上に新しいレイヤーを追加して描きます。
  5. あとは画面上のメニューカメラアイコンを押してRealistic showcaseに送ります。


      Realistic showcaseではreference layerは表示されません。
    ついでに、スポイトでもreference layerの情報からが色を選択することは出来ません

他の使い方

小さく表示するのもありです

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事