maxユーザーだったが最近はmayaユーザーにシフト。久しぶりに戻ったらバージョンが新しくなって出てきたのでメモ。ver.2015.

■モーションパス周りは別にまとめました

 

スポンサーリンク

オブジェクトの作成はTopビューから

maxの場合、どんなものでも基本的にはTOPビューから作成したほうが良いです。
ダミーなんて、他のビューから作ったために余計な角度が入ってしまい後々苦労した苦い思い出(´□`)

Swift Loop

エッジの間のカーブも補完しながらのエッジループの追加。
グラファイトモデリングツール>Editタブのなか

エッジコンストレイント

Editable Poly(編集可能ポリゴン)であれば
Edit Geometry内Constraints

もしくはエッジや頂点をエッジ上に制限かけながら移動させる機能。
グラファイトモデリングツール>Editタブのなか

初期のフレームレートを変更したい

プロジェクトフォルダ/sceneの中にフレームレートを変更したmaxstart.maxというファイルを入れておく。

他にもレンダリング設定とか、色々情報として入れておける模様。 プロジェクトごとにフレームレートやら解像度などのレンダー設定が違う場合には便利

ビューポート上のテクスチャ解像度を上げたい

ビューポート上でのテクスチャ解像度を変更する方法が何時の間にやら変わったようで

1. [ビュー]メニュー又は各ビューポート左上のラベルメニューから、[ビューポート設定] を選択
2. [パフォーマンスを表示]パネルより、解像度の設定を行う

よく使うモディファイヤの登録

よく使うモディファイヤはボタンに登録しておくと便利

おすすめの記事