Illustrator-オープンパスの確認方法・クローズパスにする(閉じる)方法

ここではAdobeIllustratorでのオープンパスの存在の有無を確認する方法、またそれらをクローズパスにする(閉じる方法)をご紹介します。

 

ZBrushのプラグインText 3D & Vector Shapesを使用する際などパスをクローズに(閉じている)する必要があります。

Illustratorに慣れていない場合、そもそもパスを閉じた状態とは?と疑問に思いますよね。

 

この記事ではそれらの疑問、解決方法をまとめています。

この記事がおすすめな人
  • オープンパスの有無を確認したい人
  • クローズパスに修正したい人
  • 線を塗りのクローズパスにしたい人

 

 検証バージョンはAdobeIllustrator2020です

 

関連記事ZBrushに持って行くためのSVG出力方法についてはこちらの記事でまとめています。

スポンサーリンク

オープンパスとは

オブジェクトを構成するパスが繋がっていない状態を指します。

オブジェクトを選択した際にレイヤーのカラーで線が繋がっていない箇所ですね。

このようにぱっと見わからないことがままあります。

アンカーポイント(パスを構成する頂点)が近い場合、見た目的には全て繋がって見えることもあるので、目視で探そうなると一苦労です。

オープンパスの有無の確認方法

ウィンドウ>ドキュメント情報>右上のオプション>オブジェクトにチェックを入れる

これで選択したオブジェクトにオープンパスがあるかどうかの確認ができます。

実際にオープンパスがあった場合の対処方法をやっていきます。

スポンサーリンク

【対処方法1】パスの連結

該当するオブジェクトを選択し(面倒くさかったら全てのオブジェクトを選択でも可)、オブジェクト>パス>連結をクリックします。ショートカットはCTRL+J

直線で連結されます。

意図した箇所のみ閉じたい場合

ダイレクト選択ツールでアンカーポイントを選択してCTRL+J

【対処方法2】連結ツール

  1. Shaperツール>連結ツールを選択
  2. オープンパス上をドラッグします
  3. 繋がりました

このツールは、交差したパスも不要部分を削除して連結してくれます。

面白い機能ですね。

連結ツール見当たらないんですが?

ツールバーを詳細設定にする

 

インストール後特にいじっていない限りツールバーは基本機能のみの表示になっています。
ツールバーの下の方にある…マーク>右上のオプション>詳細設定に変更することでShaperツール、ひいては連結ツールが表示されます。

おまけ:「線」のオブジェクトはどうする?

線で作成したオブジェクトはパスのアウトライン化を行います。

線オブジェクトを選択した状態でオブジェクト>パス>パスのアウトライン。

手法は色々ある

他にも適当なオブジェクトを作成して、パスファインダー>合体を使用してオープンパスを排除してしまうなどやりようはいくらでもあります。

 

今回はZBrushに持って行くことを想定してのオープンパスを修正する方法をご紹介しました。適宜必要に応じて使い分けて下さい。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事