【Blender】ワイヤーフレームの表示方法(シェーディング・個別・全体)

ワイヤーフレームの表示方法に躓いたのでメモ。

 

この記事では

3Dビューのシェーディング

オブジェクト個別のワイヤーフレーム表示

シーン全体をソリッド+ワイヤーフレーム表示

をまとめています。マテリアルを使った方法もあるようですが、今回はモデリング時に使いたいだけなので基本の所のみ。

 

 検証バージョンはblender2.9.3
スポンサーリンク

3Dビューのシェーディング

3Dビューのシェーディング。

UI右上。SHIFT+Zで切り替え。

■よくあるワイヤーフレーム表示

オブジェクト個別のワイヤーフレーム表示

オブジェクトモードでワイヤーフレーム表示させたいオブジェクトを選択した後、オブジェクトプロパティ>ビューポート表示>ワイヤーフレームの☑を入れる

■オブジェクト毎にソリッド+ワイヤーフレーム表示が出来る

シーン全体をソリッド+ワイヤーフレーム表示

ビューポートオーバーレイ>ワイヤーフレームに☑を入れる

こちらもUI右上。

■シーン全体がにソリッド+ワイヤーフレーム表示

Blender関連アイテム&書籍

関連記事動画で学びたいならこちら

書籍







Twitterでフォローしよう

おすすめの記事