制作現場からおすすめする!フリースクリプト 3dsMax編

私の中ではバーションが2015付近で止まっているので、もしかしたら標準機能で実装されているものあるかもしれないです。

また気になったスクリプトのメモ

スポンサーリンク

3dsMaxのスクリプトの入れ方

*ms/*mse

  1. C:\Program Files\Autodesk\(使用しているバージョンのフォルダ)\scriptsに入れる
  2. MAXScript]Run Script

*mzp

起動したmaxのビューポートにドラッグ&ドロップ

OverScan

もう制作中必須ともいえる中心部分のイメージを変えることなく、レンダリング範囲を広げる便利なスクリプト。

■制作者の公式HP
http://www.breidt.net/scripts/index.html

Relink Bitmaps

不明になったテクスチャパスを指定したフォルダから探し出して再リンクしてくれるスクリプト

bipedsel

bipedの選択に重宝しています。

 

個人的にはBip選択にはショートカットをあてる方が好きです。

ROADKILL UV tool

選択したエッジでUVを自動展開してくれるんフリーのプラグイン(?)


ベースはmaya用っぽいんですが、max・XSIのスクリプトもありますし、standAloneのものもあるのでOBj形式が吐き出せるものであれば
なんにでも使えるかと思います。

以前のサイトにドキュメントのメモを作成していたので折を見て移行します。
移行しました

UV展開ツール Roadkill UV Toolの使い方
2018.1.26
私の中ではバーションが2015付近で止まっているので、もしかしたら標準機能で実装されているものあるかもしれないです (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...…

Silhouette Viewer

アニメーション12の原則でも言及されているようにシルエットでポージングを見ることはすごく重要で、maxスクリプトで簡単に表示・確認できるツール。

アニメーターにはもってこいのスクリプトですね!!

 

iToosoft Glue

サーフェイスにスプラインをフィットさせてくれるプラグイン。使ったことはないのですがメモ

コメントを残す

20 − four =

関連キーワード
3dsMaxの関連記事
  • 3dsmax-ピストンとギア
  • 3dsmax-保存するたびにシーンデータ量が増える
  • 3dsMax-tips
  • 3dsmax-CAT基礎
  • 3dsmax-パーティクルフローを使用したパーティクル分散
  • UV展開ツール Roadkill UV Toolの使い方
おすすめの記事