フリーメールで登録していたZBrushをしっかりドメイン確保済みのメールに変更した際の方法のご紹介。

 

直接購入したため、オークやボーンデジタルなどのサポートはなく自力でやるしかありません。

サポートへの連絡の仕方、送ったメール内容など、私が変更にあたり行った流れをご紹介します

スポンサーリンク

メール変更についてのナレッジベースの読み解き

ざっくり要約

レジストに使用しているメールアドレスの変更はPixologicのスタッフによってのみ変更可能
・サポートチケットを申請しろ、出来れば古いほうのアドレスで(それによって自動的に身元が確認される)
・無理ならアカウントに残るアドレスとかIDをスキャンした写真送って
・この変更はZBrushCentralのアカウントには影響しないので、そっちは自分で変えてね
ということで、メールの変更にはPixologicに変更の依頼を出さなければなりません。

マイページへのログインとサポートチケットの選択

上記リンク先へ飛ぶと左にログイン画面があるのでそこからアカウントに紐づいているメルアドでログインします。

左上の SUBMIT A TICKETをクリック

ここでどれにするか迷ったが私はOtherを選択。

もしかしたらZBrush Supportでも良かったかもしれないが、まぁ、大元が一緒なら多少の間違いは吸収してくれると信じている。

サポートチケットのメッセージ作成

翻訳ソフト等に突っ込んで形成されたメッセージ。ニュアンスが伝われば対応してくれると信じてます。

 

Dear Support Team,

Please change my registered email address.

Registered Email Address:(元のメール)
Current Email Address:(現在の変更したいメール)

Best reqards,
(フルネーム)

よく見たらRegistered Email Addressの最後のsが抜けてたorz
じゅ、、重要なのはニュアンスだもの。

確認とMyTiket

最後に確認画面が出ておしまい。

左上のMY TIKETSから送った内容と状況が確認できます。

完了済みの返信とMy License

早々に返事が来ました。

要訳「あなたの登録アドレス既に変更してあるよ」

゜ ゜( Д ) ポンッ

 

 

あれー?とおもって確認したところ。ありました。ここの中

中を覗くと

返信もバッチリ(しかも同じ人)

変更したからMy License更新してね

My Licenseの更新

実はこれをやっていなかったようなので早速更新作業

更新していなければ、初期に登録したメールアドレスにてログイン出来ます。

アカウントに紐付けされたライセンスが本来表示されるのですが、メールを変更したゆえに関連するライセンスはないという表示になるのでログインしても意味なし。
※本来は上記ログインから移動できるのかもしれないのですがプロフィールにアクセスする方法が分からなかったので私は別の方法でアクセスしました


「サポートアカウントをお持ちではありませんか?」をぽち。
登録画面に進むので、その横にあるログインボタンからログイン。

メールアドレスを追加します。
(何故か初期登録のメルアドは削除できなかったのでそのまま。)

完了

おつかれさまでした。
いやはやPixologicの方には無駄にお手数おかけしましたm(__)m
普通にZBrush4r8もダウンロードできました

 



ZBrushの講座もあるオンライン学習プラットフォームudemy.com
一度購入してしまえば、何度も見れる&進捗も管理できる、講師に質問を投げれるのでおすすめ。外国語に比べ少ないですが日本語のZBrush講座もあります。

■少しづつですが進めています

 

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

おすすめの記事