ZBrush4R8-Gizmo3D デフォーマー後編

ZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作の続き。Gizmo 3Dの素敵機能デフォーマーを触ってみました。まとめるのに力尽きたのでデフォーマーのリストは2分割した後編。

参考ドキュメントはこちら

■前編はこちら

ZBrush4R8-Gizmo3D デフォーマー前編
2018.2.14
ZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作の続き。Gizmo 3Dの素敵機能デフォーマーを触ってみました。まとめるのに力尽きたのでデフォーマーのリストは2分割してます。 タグのGizmo3Dをクリ...

 

スポンサーリンク

デフォーマーリスト

Extender

Extenderデフォーマーは、選択したバウンディングボックス軸に沿ってポリゴンのループを挿入します。 コントロールポイントをドラッグすることによって、モデルに沿って分割、移動することができます。 同時に複数の軸に適用することもできます。
このデフォーマは、「キット・バッシュ」スタイル・モデルを作成するためのプリミティブを迅速に作成するための優れた方法です。

設定

このデフォーマーを適用した際に表示される青い点を中心に変形が行われます。この青い点を移動させることで、変形の中心位置が変わります

  • Extender: 選択したバウンディングボックス軸に沿って挿入されるポリゴンのループの長さを定義します
  • Size (X, Y and Z):マニピュレータ側の変形のサイズ(スケール)を定義します。
  • Symmetry (X, Y and Z): Extenderをシンメトリーに適用できるようにします。
  • Resolution: Extenderで生成したポリゴンループに複数のエッジループを追加します
  • Apply Creasing: Extenderの境界にクリース(折り目)を追加します。
  • Inflate: Extenderのエリアにinflateを適用、厚みを作成することが出来ます。これは膨張させたり収縮も可

Flatten

Flattenデフォーマは、デフォーマバウンディングボックスのプレーンに基づいて現在の選択範囲をクリップします。 選択したポリゴンは削除またはスライスされるわけでなく、クリップブラシと同様に、単に押しつぶされてに平坦化されているだけです。

Gizmo 3Dを事前にクリップしたい角度や位置に配置(ALTを押しながらトランスフォーム)後にFlattenを適用するとGizmo 3Dの場所、角度に合わせてバウンディングボックスが生成されるため任意の場所を角度でクリップできて便利。
ただし、Flatten→Gizmo 3Dに切り替えし、ギズモの位置や回転を調整すると先に適応していたFlattenのデフォーマーはメッシュに確定(デフォーマーが削除)されてしまうので注意。
Gizmo 3Dの回転や位置調整はデフォーマーを適用する前に行うこと

あくまでFlatten→Gizmo 3Dに切り替え後、ギズモを調整した段階でデフォーマーが消えてしまうだけで切り替えたからといってデフォーマーがなくなるわけではありません。

Flatten→Gizmo 3Dに切り替え後、CTRL+Scaleの各種マニピュレーターを操作することでクリップさせることも出来ます

設定

  • Flatten:選択する作業平面に沿った変形の深さを定義します。
  • Slice Topology:平坦化したエリアに折り目付きエッジループを追加します。 このオプションは、Dynamic Subdivisionと組み合わせて使用すると、Flattenの結果を確認しながら調整できるので大幅に改善します。
  • X, Y and Z Symmetry: 変形のシンメトリー面を設定します。Transformパレットにあるようなシンメトリ(平行やミラーリング)を提供します

Multi Slice

Multi Sliceデフォーマーは、X、Y、またはZ軸に沿って1つまたは複数のエッジループを挿入します。 これらのエッジループは、トポロジーの流れを無視して、モデルをぐるっとまわったスライスします。
変更されたトポロジーの中央にある青い点をクリックしてドラッグすることにより、挿入したエッジループを自由に移動できます。

設定

  • X, Y and Z Resolution: 挿入するスライスの数を定義します。
  • Slice Width (per axis): マルチスライスの挿入エリアの幅を定義します。
  • Apply Creasing: モデルに挿入されたすべてのスライスにエッジクリースを適用します

Taper

Taperデフォーマーは、その名の通りテーパをメッシュに適用します。

設定

  • Taper: 変形の強さとその方向を定義します。
  • Exponent: 変形の始点または終点のテーパー効果をより丸くすることができます。

Twist

Twistデフォーマーは、選択した軸を中心にひねりますす。

設定

  • Twist: ひねりの回転角度を定義します

まとめ

Deformationサブパレットと同様の効果だけでなく、デフォーマーだけにしかない機能もあるみたいですね。

youtubeにはBlesterさんの素敵解説動画もあります。ドキュメントにはない解説もされていたので一読してみるのをおすすめします

 

Gizmo3D 関連記事

ZBrush4R8-Gizmo3D 基本操作
2018.2.14
ZBrush4R8で搭載されたGIZMO 3Dを触ってみました。 ここではGizmo3Dの基本的な操作方法とギズモの機能をご紹介します...
ZBrush4R8-Gizmo3D その他の操作
2018.2.14
ここではGizmo3Dを使ってメッシュを編集する方法をご紹介します。 ■Gizmo3Dの基本的な使い方はこちら...
ZBrush4R8-Gizmo 3D 複数のSubTool
2018.2.14
ZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作の続き。Gizmo 3Dになって複数のSubToolをまとめて扱えるようになりました。 タグのGizmo3Dをクリックすると、他のコンテンツも見れます。...
ZBrush4R8-Gizmo3D パラメトリックメッシュ
2018.2.14
Gizmo 3Dの推し機能パラメトリックメッシュを触ってみましZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作の続き。Gizmo 3Dの推し機能パラメトリックメッシュを触ってみました。 タグのGizmo...
ZBrush4R8-Gizmo3D デフォーマー前編
2018.2.14
ZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作の続き。Gizmo 3Dの素敵機能デフォーマーを触ってみました。まとめるのに力尽きたのでデフォーマーのリストは2分割してます。 タグのGizmo3Dをクリ...
ZBrush4R8-Gizmo3D デフォーマー後編
2018.2.14
ZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作の続き。Gizmo 3Dの素敵機能デフォーマーを触ってみました。まとめるのに力尽きたのでデフォーマーのリストは2分割した後編。前編はこちら タグのGizm...

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

☆非常にわかりやすいと定評のある福井さんの書籍。無印ユーザーもおすすめ!

 

コメントを残す

16 + 13 =

関連キーワード
ZBrushの関連記事
  • Zbrush4R8 P2へのアップグレードはどうやる!?
  • UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
  • ZBrush4R8-Gizmo 3D 複数のSubTool
  • ZBrush-ShadowBoxで遊んでみる
  • ZBrush-外部ソフトでUVを修正
  • UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~
おすすめの記事
ZBrush
ZBrush4R7で搭載されていたZModelerを今更ながら触ってみました。Zmodelerの使い方をやっていこうかと思います現バージョン...