昔のWiki掘り起こしのためSSは古め。
スタンダードな作成の方法です。参考ドキュメントはこちら

スポンサーリンク

ZSphere 基本的な人型の作成

Step1 ZSphereの配置

  1. ToolパレットからZSphereを選択、キャンバスに描いてTを押してEditモードに
  2. Transform>Activate SymmetryをON。XをOFFにしてYをONに。
    ZSphereの上面でクリック&ドラッグし、新しくZSphereを追加します。

SymmetryをONにして、ボトム(底面)から次のZSphereを追加します。これがキャラクタの胴体になるでしょう。再びYをOFFにしてXをONにします。

Step2 手足頭の作成

  1. Moveモードで、ZSphereの位置を変え、Drawモードで肩やヒップ部分のZSphereを追加します。Shiftを押しながらクリックして追加すると、親と同じサイズになります
  2. Moveモードで、ZSphereの位置を変えます
  3. Drawモードで、灰色のLink-Spheresをクリックして、ひじとウェストとすねとして、新しいZSphereを追加します。
  4. Aを押して、メッシュを確認します。
  5. 首や頭用のZSphereを追加します。Scaleモードで、リサイズしてください

Step3 メッシュ化

再びAを押して、メッシュを確認します。
Tool>Adaptive Skin>Make Adaptive Skin を押してください。そしてToolパレットから作成されたメッシュを選択し、そのモデルでスカルプトを開始します。

ZSphere関連記事

 

まとめ

ちゃんと作るとしっかりとしたベースメッシュができるという例

カートゥーンもクリーチャーもZSphereを使いこなすと調整可能かつ容易にベースメッシュを作成することが出来ますね。

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

おすすめの記事