IOR屈折率メモ

屈折率(IOR)のメモです。

 

屈折率(Index of Refraction)とは光学単位であり、光がある媒質から別の媒質に伝播するときにどの程度曲がるかを正確に表します。CGのソフトでもIOR値の設定としてパラメーターが用意されている場合があります。

 

この記事では

よく使うであろう数値のメモ

をまとめています。

 

理解して活用していきましょう

 

関連記事こちらのチュートリアルでも設定箇所が出てきました

スポンサーリンク

屈折率(Index of Refraction)

ほぼ引用です。こまかな解説はリンク先のサイト記事をご確認ください。

参考

第2回:鏡面反射光 反射レベルを素材の値で管理-AREA JAPAN

真空1.0
空気1.0003
アルコール1.329
1.330
1.333
アクリル樹脂1.490
ポリ ウレタン樹脂1400-1700
ガラス1.500
ポリエチレン樹脂1.530
エメラルド1.570
ルビー1.770
サファイヤ1.770
水晶2.000
ダイヤモンド2.419

 

亜鉛2.400
クロム酸化物2.705
アルミニウム2.62
酸化アルミニウム1.76
カドミウム2.49
タングステン2.76
2.36
銅(酸化銅)1.95(2.71)
チタン2.52
マグネシウム1.50-1.70
マンガン2.50
白金2.90
水銀2.95

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事