ZBrush-リアルタイムでモデルにAntialiasing(アンチエイリアシング)の適用をする方法

ギザギザとした画素の輪郭を滑らかになっているように見せるアンチエイリアシング。これをZBrushで適用する方法をご紹介します。

 

デフォルトの状態ではジャギーがそのまま表示されているため、よく見るとモデルの縁が鋸歯状のギザギザとした状態になっています。

 

W.I.P(作業途中)や静止画をアップする際にこの処理をしておくとより滑らかできれいな絵が出来ます。そのため絵作りの際に覚えておくとよい機能です。

 

参考

RENDER SMOOTH EDGES… REALTIME ANTIALIASING@ZBrush Central

関連記事Ryan's ToolsにはアンチエイリアシングをON/OFFするボタンがあります

スポンサーリンク

アンチエイリアシングを適用する方法

ドキュメントのサイズを倍に広げ、アンチエイリアシング付きの画面に戻します。

  1. Document>Doubleをクリックし、ドキュメントを倍のサイズにします
  2. AAHalfをクリックし、アンチエイリアシング付きのドキュメントサイズに戻します。
  3. モデルを描画してこの作業を行った際は、モデルがドキュメントに固定されてしまいますがご心配なさらず。
  4. CTRL+Nを押して一旦画面をまっさらな状態にします。
  5. 再度モデルを描画し、Tを押してEditモードにすれば終了です
  6. 常にアンチエイリアシングが反映された状態になります。
 アンチエイリアシングを表示するとビューポートが若干重くなりますので要注意

アンチエイリアシングをOFFにする方法

逆に元の状態に戻したい場合。

同様にドキュメントを倍のサイズにし、元のドキュメントサイズに戻す際にAAHalfではなくDocument>Halfを使用して戻します。

 

ちょっと手を加えるだけで上がるクオリティです。是非やってみてください

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事無料で遊べるZBrush。ZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事