サーフェイスを滑らかにしたり、角度をシャープに、モデルの表面をきれいにすることが出来るなど、サーフェイス全体に効果をかけることのできるClay Polish(クレイポリッシュ)について調べてみました。
スポンサーリンク

ClayPolishとは

モデルのトポロジー構造を変更し、さまざまな設定に基づいてエッジを移動する機能です

 

それは、サーフェイスを滑らかにし、角度をシャープするし、モデルの表面をきれいにする効果があります。 また、モデルのエッジに特殊効果を作成することもできます。

 

特にDynaMeshと組み合わせた場合、粘土や他の原材料の感触を簡単にシミュレートできます。

 

ClayPolishの使い方

希望の設定を入力してから、モデルにClayPolishを適用するだけ。

 

この機能は、PolyMesh3DとDynaMeshの両方で機能します。

 

DynaMeshの "Polish"モードは、トポロジーが更新されるたびにClayPolishを自動的に適用します。

スポンサーリンク

ClayPolishの各設定

Tool>Geometry>ClayPolish にあります。

ClayPolish

モデルにClayPolishを適用します。

Max Angle スライダー

ポリッシュを適用するサーフェスの角度を定義します。

 

たとえば、デフォルト角度は25に設定は、25度を超える角度を持つメッシュの部分はスムースがかかります

max:90の方が若干エッジが立っている。口から顎周りを見ると分かりやすいかも。

Sharpness スライダー

角度に適用される全体的なシャープネスの強さを制御します。

 

これにより、サーフェイスが大きく変化する可能性があります。 このスライダは、RSharpスライダーと連動して動作します。

Softness スライダー

全体的な柔らかさの強度を制御します。

 

これにより、値が増加したときにメッシュ全体にスムースをかけることが出来ます。 このスライダーは、RSoftスライダーと連動して動作します。

Repeat Sharpness(RSharp)と Repeat (RSoft)Softness スライダー

上記スライダー効果を何回繰り返すかを設定します

 

値が大きければ効果も大きく出てきます。

Edge Contrastスライダー

エッジ部分に正または負の値を与えることができます。

 

正の設定ではモデルの端に沿ってポリゴンが膨張し、負の設定ではこれらのポリゴンが収縮します。

Surface Contrast スライダー

Edge Contrastと同様に動作しますが、エッジ間のサーフェスに影響します。

 

正の値はこれらのサーフェスを膨張させ、負の値はそれらを収縮させます

まとめ

Dynameshを進めていたら関連項目として出てきた機能で、UdemyでZBrushコースを購入してみた2でのボムの作成の際にも岩肌的なのを作成するにあたり使用していました。

 

ClayBuildupなどでボコボコ盛り上げた部分に適用して滑らかにしたり、3DLayerを使って質感を追加したり使用頻度は高そうですね

 

関連記事3DLayerについてはこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事