ZBrush-ベベルブラシ後のトポロジーの歪みをZRemesherを使って整える案

ベベルブラシやライブブーリアンを行った際にどうしてもで出来てしまう歪んだトポロジーを修正する方法を考えてみました。

 

きっかけはこちらのツイート。

自分ならどうするだろうか?

と思い立ってためしてみた結果です。あくまで一案です。

 

この記事では

ベベルブラシ➡ZRemesherでリメッシュするまで

調整の小ネタ

をまとめています。

この記事がおすすめな人
  • ハードサーフェスのモデルを作る人
 検証バージョンはZBrush2021.7

 

関連記事ベベルブラシ

スポンサーリンク

ベベルブラシからZRemesherでポリゴンを整えるまで

大きな流れとしては

  1. ポリグループを分ける
  2. ポリグループ境界にマスキング
  3. ポリッシュ
  4. ZRemesher

という手順を踏みました。

1.ポリグループを分ける

今回はブラシ時には1ポリグループだったので、同様に1ポリグループ前提で考えてみます。

可能であれば、ベベルやブーリアンを行う前にポリグループを分けておいた方が手間が少なくて済むかもしれません。

Tool>Polygroups>Grops By Normals

法線の曲率でポリグループを分けます。

 

関連記事ちょっと古い記事ですが

2.ポリグループ境界にマスキング

Tool>Masking>Mask By Feature

GroupsのみONにして適用します。ポリグループの境界にマスキングがかかります。

3.ポリッシュ

Tool>Deformation>Polish By Feature

特徴を維持しつつポリッシュをかけます。これ以上トポロジーが変化しないぐらいまで何度か適用します。

関連記事ちょっと古い記事ですが

4.ZRemesher

マスクを解除し、SymmetryをONにした状態でTool>Geometry>ZRemesher

設定は以下

  • KeepGroupsをON:ポリグループを維持
  • AdaptをOFF:変形具合によるポリゴン分布の可変をさせない
  • SameをON:同じポリゴン数に ※任意

ちなみにKeepGroupsをOFFにし、DerectEdgeをONにしてリメッシュするとハードエッジを検知してリメッシュしつつクリースがかかります。

関連記事ZRemesher

多少の歪みは残りますが大きなゆがみは改善されました。

調整の小ネタ

Groups Changed Point

同じベベルでもBevelFlatのであれば
Tool>Polugroups>Groups Changed Pointで簡単にベベル面をポリグループ分けできます。

ポリグループのコピペ

Zmodelerのポリゴンアクション>ポリグループ機能を使う

関連記事やり方

ちょっとしたエッジの調整

Zmodelerのポイントアクション>スライド機能を使う

ポリグループがミソ

ポリグループをきれいに分けられるかがこのTIPSのミソかなと感じました。あくまで一案。他にもいろいろな手法が出てくるかと思いますので今後もチェックしていきたいですね。

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事