【4】小学生から楽しむデジタルねんど ZBrush Core Mini(ズィーブラシ コア ミニ)であそぼう!「カラーとマテリアルのキホン」

自由じゆういろをつけよう。

 

ZBrush Core Miniズィーブラシ コア ミニはパソコンでコネコネねんどをするように3DCGスリーディ シージーデータをつくることができるデジタルねんどです。

第4回だいよんかい

カラーとマテリアルの基本きほん

 

ZBrush Core Miniズィーブラシ コア ミニマウスの使つかかた、カメラの使つかかた、ブラシの使つかかたをマスターしたみなさん!

今回こんかいはみんながつくったCGデータのいろをつけてみましょう!

 

 

モコ
お話するのはここだよー

 

これが出来できればCGモデルは完成かんせいです!

 

 おうちの方、指導しどうをする方へ

  • この記事では、機能や概念に触れている記載がありますが子どもにわかりやすいように一部省略・簡略化して説明しています。
  • データを保存しておいてよい所をお子さんに教えてあげて下さい。
  • この記事はWindows版ZBrushCoreMini1.6について書いています

カラーとマテリアル

カラーとは「いろマテリアルは「質感しつかん材質感ざいしつかんのことをいます。

カラー

カラーとは普段ふだんみんながよく使つかう、あかあおみどりなどものいろのことです。

ZBrush Core Miniズィーブラシ コア ミニで、いろ選択せんたくするところはカラーセレクターばれています。

 

■カラーセレクター

マテリアル

材質感ざいしつかんという言葉ことばはあまりきかないですよね。

 

プラスチックっぽい、金属きんぞくっぽい、っぽい、ガラスっぽいなど、ひとそのものなに出来できているかをでイメージできるひかりたりかた設定せっていのことです。

モコ

マテリアルは、カラーほかにもテクスチャという自分じぶんいたをCGモデルに方法ほうほうわせて使つかいます。

ZBrush Core Miniズィーブラシ コア ミニではテクスチャをることは出来できないので、カラーだけおぼえておいてください

参考1カラー1マテリアルで作成さくせいされたCG(左)、カラーとマテリアルを色々いろいろ設定せっていしたCG(右)
おなじCGのデータでもカラーとマテリアルをえるだけで、全然ぜんぜんちがう材料ざいりょう出来できたモデルにえますよね

モコ
ZBrush Core Miniズィーブラシ コア ミニではまったマテリアルが用意よういされています。

ZBrushCoreMiniのカラー

カラーセレクターの外側そとがわにある□でいろをと内側うちがわにある□でいろさやあかるさめます。

□をドラッグしていろえます。

 

モコ

これはもどすことが出来できないので注意ちゅうい

ZBrushCoreMiniのマテリアル

ZBrushCoreMiniには8種類しゅるいのマテリアルが用意よういされています。画面がめん左側ひだりがわならんでいます

ポチポチせばマテリアルは自動じどうわります。

 

それぞれのマテリアルの名前なまえ特徴とくちょうです。

マテリアルアイコン 名前(よびかた) 特徴
MatCap Gray(マットキャップグレイ) はじめに設定せっていされているマテリアル。
MatCap RedWax(マッドキャップレッドワックス) ZBrushCoreMiniの元のソフトZBrushのはじめに設定せっていされているマテリアル
Basic Material(ベーシックマテリアル) あかるいところくらところがはっきりしているマテリアル。
Toy Plastic(トイプラスチック) プラスチックのおもちゃのようにつやつやしたマテリアル
SkinShade4(スキンシェード4) かげうすいので、いろながらコネコネするとき便利べんりなマテリアル
Gold(ゴールド) きんぴかマテリアル
Flat Color(フラットカラー) かげ完全かんぜんになくなるので、いろ確認かくにんしたいとき使つかうマテリアル
SilverFoil(シルバーホイル) ロボットのような金属きんぞくのマテリアル

【演習】カラーとマテリアルをつけてみよう!

きないろえらんで、マテルアルを色々いろいろえてみよう!

 

moco
ZBrushCoreMiniでは一部分いちぶぶんだけいろをぬりけることはできません。カラーやマテリアルを変更へんこうしたら全部ぜんぶいろわります

ファイルを開く

まずは第3回だいさんかいつくったかおのデータをひらいてみましょう。

左上側ひだりうえがわのフォルダのアイコンでファイルをひらいてください。

ひらけましたか?

カラーセレクターで色を選ぶ

カラーセレクターの外側そとがわ赤矢印あかやじるし)と内側うちがわ青矢印あおやじるし)をドラッグして好きな色にしましょう

マテリアルを選ぶ

今回はToy Plasticを選びました

 

これで完成かんせいです

【よくある困ったこと】Goldを選んでも金ぴかにならない!

キラキラのGoldゴールドマテリアルをえらんだとききんぴかにならないことがあります。

そんなときはカラーセレクターをチェックしてみてください。内側うちがわの□がなかあたりにていますよね。

 

これをしろところまで移動いどうさせればきんぴかにもどります

モデルのかたカラー×マテリアル決定けっていされることをおぼえておきましょう!

 

今回こんかいGoldゴールドマテリアルのように、マテリアルにすでにいろ設定せっていされているものもあります。そのとき元々もともとついていたマテリアルのいろ自分じぶんがカラーセレクターでえらんだいろざってしまうことにをつけてください

第5回は「ポリゴンとデータのキホン

だい5回目ごかいめでは、第3回目だいさんかいめれたポリゴンについてのおはなしと3Dプリントするためのデータの出力しゅつりょく方法ほうほうについておはなします。

 

第3回目のおはなし

 

次回じかい最終回さいしゅうかいになる予定よていです。

 

モコ
あとちょっとでおしまいだよ!頑張がんばってるね!
またね~

ZBrush Core Mini講座一覧

準備じゅんび大人おとなにやってもらってください

 

使つかかたは【1】から順番じゅんばんにやっていくことをおすすめします。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事