ZBrush【カーブの編集3】Curve Modifiers(カーブモディファイア)の設定

StrokeメニューにあるCurve Modifiersの各機能についてご紹介です。

 

ZBrush2018の頃に投稿していた記事ですがZBrush2021.6カーブ編集の情報が増たので、CurveやCurveFunctionsとひとまとめにしていた記事を分離することにしました。今回はCurve Modifiers

 

  • カーブのメッシュ向きを反転させたい

などカーブを操作している時に色々やりたいことが出てきますよね。

 

この記事では

Curve Modifiersの各設定

カーブを編集するいくつかの方法

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • カーブの調整をしたい人

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2018。

 

参考

Curve Modifiers| ZBrush Docs - Pixologic

 

関連記事編集方法1

スポンサーリンク

Curve Modifiers

Stroke>Curve Modifiers

Intensity

ブラシストロークがカーブに適用されたときの強度を変化させることが出来ます。

 

曲線の長さに沿って一定の強度のストロークを作成するには、このスイッチをOFFにします。OFFにするとカーブ全体に一貫した強度が適用されます。

moco
検証してみたものの効果不明です

Size

カーブに沿ってブラシのサイズを変更します。

 

ONの時はCurve Falloffの値が適用され、サイズはカーブの始点から終了点に適用されます

デフォルトではOFFになっているため、カーブに沿って一定のサイズで挿入されます。

■カーブを反転すればメッシュも反対に

関連記事Sizeの使いどころ

Curve Falloff

IntensityとSizeモードの定義に使用されます。

ボックス内の上部から下部は、強度を上端100%から下端0%の値として定義します。

ボックス内の左から右は、カーブに沿って、その原点から右端の終点までの位置を定義します。

CurveEdit Radius

カーブを編集するためのカーソルのサイズを決定します。

カーソルがカーブの上にあるとき、青いサークルになります。

 カーソルサイズはDrawSize(S)でも調整可能ですが、赤い状態(カーブの上にカーソルが無い状態)でブラシサイズを大きくするとインサートメッシュのサイズも大きくなってしまうため、サイズに影響を与えずに影響範囲のみに変更を加えたい場合はカーソルが青くなっているか要確認です。

CurveEdit FocalShift

カーブを編集するためのカーソルのフォールオフの値を決定します。

 

低い値または負の値は、低いフォールオフで適用され、より滑らかなカーブに。

値を大きくするほどシャープなカーブが得られます。

Curve Snap Distance

カーソルが最も近いカーブポイントにスナップする距離を定義します。

 

この値を大きくすると、検出距離が増え、スナップ機能がより敏感になります。

この機能は、トポロジーブラシを使用する場合や、カーブを延長する場合に特に便利です。

 

関連記事

Curve Projection Range

カーブが下のサーフェスにどのくらい追従するかを制御します。

値を大きくすると、カーブがサーフェスのディテールに沿います。

moco
と記載がありましたが、値を変えても変化がよく分かりませんでした

Position Projection/Direction Projection

moco
追加された項目のようですが、ドキュメントが見つかりませんでした。判明次第追記します

Curve編集のあれこれ

特によく使いそうな操作をピックアップしています。

関連記事ZSphereからもカーブは作れます

Q.SHIFTとCTRLでの操作

  • SHIFTキーはSmoothブラシのようにカーブにSmoothをかけます。

カーブをクリックしてから、SHIFTを押すことでSmoothがかかります。

  • CTRLキーを押すと、カーブの一部を回転させることが出来ます

カーブをクリックしてから、CTRLを押しながらカーソルをドラッグすることでカーブの回転が出来ます。

Q.カーブの長さを長く(短く)したい

A.Stroke>Curve>Elastic(弾性)/Liquid(液状)をONにして操作する

必要に応じてLock Start/EndをONにして、始点終点を固定して操作します。

Q.メッシュの全体のサイズを変更したい

A.DrawSizeを変更

変更したらカーブをタップしましょう。

Q.カーブの始点から終点にかけてサイズを変更したい

A.Stroke>Curve Modifiers>Curve Falloff

変更したらカーブをタップしましょう。

メッシュの反転もこちら

Q.メッシュのサイズに影響を与えずカーブを編集したい

A.Stroke>Curve Modifiers>CurveEdit Radius

またはカーブ上にカーソルを移動し、青いサークルの状態でDrawSizeを変更します

Q.カーブ削除

A.Stroke>Curve Functions>Delete

 

  カーブ系のブラシが選択されている場合

Deteteボタンを押さずともメッシュをタップするとカーブが削除されます。

まとめ

ちょっとよくわからない項目の多いCurve Modifiers。私がよく使うのはSizeCurve Falloffぐらいなのでわかり次第追記します

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事