ZBrush-アルファを使ってカーブを押し出し!CurveAlphaブラシ【筋肉メイキングあり】

アルファの情報を使用し、カーブを押し出すCurveAlphaブラシとCurveAlphaブラシを使って筋肉を作成するチュートリアルのご紹介です。

 

ZBrush2021.6で追加されたこちらのブラシ。髪の毛や角などを素早く作成、カーブなのでねじりや太さの調整も思いのままです。

 

この記事では

CurveAlphaブラシの概要

CurveAlphaブラシの使い方

筋肉を作成するチュートリアルと実際にやってみた工程

をまとめています。

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2021.6。
タグのZBrush2021にアクセスするとZBrush2021関連記事が全て表示されます

 

参考

CurveAlpha and ExtrudeProfile| ZBrush Docs

スポンサーリンク

CurveAlphaブラシとCurveAlphasブラシ

B(ブラシパレット展開)>C(Cのブラシソート)>各ブラシ選択

2Dのアルファ情報を使いカーブに沿ってメッシュを生成します。

moco
この2つのブラシの違いは正直判りません。

 

 Subdivを持つモデルには適用できないのでご注意下さい

使い方

ブラシを選択してカーブを描くだけです。

あとはカーブを編集する、メッシュを調整するという選択肢になります。

あとは用途によって操作方法が変わります。ここでは一部ご紹介。

 

Sroke内のCurve FunctionsやCurve Modifiresの設定を理解するとより色々な操作方法を発見できます。

関連記事Curveの操作方法は3記事に分けてまとめています

形状(アルファ)を変更したい

アルファを変更しなおしてからカーブをクリック

メッシュのサイズを変更したい

DrawSizeを変更し、カーブをクリックします

メッシュの向き(始点と終点)を反対にしたい

Stroke>Curve Modifires>CurveFalloff

fHボタンを押せばきれいに反転させることが出来ます。

メッシュを始点と終点同じ太さにしたい

Stroke>Curve Modifires>SizeをOFFにする

CurveAlphaブラシを使って筋肉を作ってみよう

Jeff Lin氏(@Jefflin2011)が公開して下さってCurveAlphaブラシを使った筋肉づくりのチュートリアルをやってみました

大まかな流れ

  1. アルファ用メッシュを作成
  2. GrabDocでメッシュをAlpha化
  3. Curveの設定を色々いじる
  4. アルファを微調整
  5. 完成

実際にやってみた

1.アルファ用メッシュを作成

ToolパレットからCircle3Dを選択し、Make PolyMesh3Dでポリメッシュ化、Gizmo3Dで縦を潰します。

moco
次工程のGrabDocのためだけであればポリメッシュ化する必要は無いのですが、3工程目のCurveの設定はポリメッシュ化されたオブジェクトでないと設定出来ないのでやっておいた方が無難です

2.GrabDocでメッシュをAlpha化

Alpha>Transfer>GrabDoc

ドキュメントで表示されているものをAlpha化してくれる機能です。

■生成されたアルファ

関連記事Transfer

3.Curveの設定を色々いじる

CurveAlphaブラシを選択して、Stroke>CurveStroke>Curve Modifiers>Curve Falloffを下記のように設定します。

■Curve

Note
  • CurveModeをON
  • SnapをON
  • Bend Start/EndをON
  • Lock StartをON
  • Repel Strength を4→0に

■Curve Modifiers

Note
  • IntensityをOFF
  • Curve Falloffをこのような形に(※ツイートの形状を見た方が良いです)

 

関連記事Curveの各機能の役割はこちらでご確認ください

 

それっぽいのが出来ました。でも表面がつるつるしていますよね。

4.アルファを微調整

Alpha>Modifyでアルファを微調整します

Note
  • Streak Lengthを0→25

 

関連記事Modifyの各機能の役割はこちらでご確認ください

5.完成

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事