ZBrush-ZSphereからカーブを作成!Curves Helper(カーブヘルパー)の使い方と各設定

ZSphereからカーブを作成するCurves Helperの使い方と各設定についてのご紹介です。

 

ZBrush2021.5のアップデートで標準搭載された機能で、それ以前はユーザー作成のプラグインとして有名な機能でした。キャラクターの腰に結び目をつけたり、メカにワイヤーの流れを作ったり、靴やブーツに紐をつけたりと使い方は多種多様。

 

  • 何処にあるの?
  • どうやって使うの?

という方に向けて

 

    この記事では

    Curves Helperの各設定と使い方

    をまとめています。

     

    この記事がおすすめな人
    • 複雑なカーブが欲しい人
    • 細かにカーブを調整したい人
     検証に使用したバージョンはZBrush2021.5。

    タグのZBrush2021にアクセスするとZBrush2021関連記事が全て表示されます

     

    参考

    Curves Helper| ZBrush Docs

     

    関連記事ZBrush2021.5以前のバージョンで使用したい場合はこちら

    スポンサーリンク

    旧バージョンとの違い

    フリーのプラグインで配布されていた頃の機能から色々とアップデートがなされており、旧バージョンであった注意事項も今回のプラグインでは問題なく操作できます

    旧バージョンでの注意事項
    • Root ZSphere (基点となる最初のZSphere) は、チェーンの一端にある必要があります。
    • 単一のチェーンのみ機能します。分岐(枝葉に分かれたもの)はできません。

    ■以前はNGだったこのような二股の構造も

    問題無くカーブ生成されます

    他にも以前には無かった

    • ZSphereのサイズを統一する機能
    • カーブを削除する機能

    が機能内に同梱されました

    Curves Helper

    Stroke>Curves Helper

    Copy ZSphere Chain

    ZSphere情報をメモリにコピーします。

     

    ZSphereのチェーンを作成し終え、カーブに変換したい場合はまずこのボタンを押します。

    Scale ZSpheres to DrawSize

    全てのZSphereを現在のDrawサイズと同じサイズにリサイズします。

    複雑な配置でZSpheresを移動させたり、最終的な効果を確認したりするときに便利です。ZSphereのサイズは見た目もので、カーブ自体には何の影響もありません(※カーブはZSphereの中心を通る形で生成されます)。

     

    Create Curve

    Copy ZSphere Chainで保存したZSphere情報に基づいて曲線を作成します。

    Append New

    有効になっているとCreate Curveボタンを押すと、新しいSubToolにカーブを作成します。

     

    デフォルトではON。

    Delete Curve

    選択されたサブツール上のカーブを削除します。

    Curves Helperの使い方

    カーブを生成してインサートメッシュを適用する工程です。

    使い方は旧バージョンとさして大きく違いはありません。

    大まかな流れ

    1. カーブを追加したいモデルのSubToolにZSphereを追加し、ZSphereの追加やトランスフォームをしつつ、ZSphereのチェーンを作成します。
    2. ZSphere チェーンを作り終えたら、Copy ZSphere Chainボタンを押してZSphere チェーンの情報をメモリにコピーします。
    3. Append NewがONになっているのを確認し(デフォルトではON)、Create Curveボタンを押します。新しいSubToolにカーブが生成されます。
    4. インサートメッシュで好きなメッシュを選択、カーブをクリックします
    5. Delete Curveボタンを押してインサートメッシュを確定します

    1.ZSphereチェーン作成

    SubToolにAppendでZSphereを追加し、ZSphereチェーンを作成していきます。

    関連記事ZSphereの基本的な使い方

    2.Copy ZSphere ChainでZSphereチェーン情報メモリに保存

    ZSphereのSubToolを選択した状態でCopy ZSphere Chainボタン。

    3.Create Curveでカーブを生成

    Append NewがONになっているのを確認し(デフォルトではON)、Create Curveボタンを押します。

    新しいSubToolにカーブが生成されます。

    4.インサートメッシュをカーブに適用

    適用したいインサートメッシュを選択して、カーブをクリックすると適用できます。

     

    関連記事インサートメッシュの基本

    5.カーブを削除し完成

    カーブを削除することでメッシュが確定します。

    これがあればカーブと仲良く出来そうですね。

    ZSphere関連記事

     こちらでは一部ご紹介。タグのZSphereにアクセスすると関連記事が全て表示されます

    ZBrush関連アイテム&書籍

    日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

     

    関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

    関連記事動画で学びたいならこちら

    ZBrushCore超入門講座 シリーズ

    Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

    基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


     


     

    関連記事実際にやった感想

    ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

     

    そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

    2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

    作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

    タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

    また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



    Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

    作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

    「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

    Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

    関連記事実際にやった感想

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事