カスタムブラシをBrushパレットへ追加する方法です。合わせてLightBox内のブラシデータをBrushパレットで表示する方法もご紹介します。

 

 

基本的にはZStartup\BrushPresetsに保存

 

なのですが、それで不具合がでたという情報もありました。

スポンサーリンク

カスタムブラシをBrushパレットに追加する

ダウンロードしたブラシファイル(*.zbp)を下記のフォルダに入れます。

 

 

C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2018\ZStartup\BrushPresets

 

LightBoxに入っているブラシをBrushパレットに入れたい

LightBoxからのみアクセスできるブラシをブラシパレットに追加する方法もカスタムブラシと同様、BrushPresetsにブラシデータをコピーします。

 

 

  1. C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2018\ZBrushes よりBrushパレットに入れたいブラシをコピーします
  2. C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2018\ZStartup\BrushPresets 内にペースト
  3. ZBrushを再起動します。

 

公式の解説動画

#AskZBrush: “How can I add brushes so they load by default into the brush palette?”

 

 

関連記事LightBoxに入れたい場合の保存先の参考に

 

ZStartupフォルダに入れるな!という情報も?

カスタムブラシについて調べていたところこんな情報にあたりました。

 

担当してくれた Pixologic の人が言うには、
ZBrush のデフォルトのフォルダはいじってはいけない
追加したら確実に問題を引き起こす
もしカスタムブラシ等の外部のファイルを使いたいなら
Lightbox を使って参照しなくちゃだめ、とのこと

 

 

確かに、ZStartupにファイルを入れすぎるとパフォーマンスに影響するという注意が公式ドキュメントにあったので、必要に応じて追加又はZStartup以外の場所にブラシデータを保持・管理するXMDToolboxの導入を検討しても良いのかもしれませんね。

 

 

関連記事パフォーマンスやLightBoxに表示させるために使用するフォルダについての情報

 

関連記事無償で公開されているカスタムブラシを集めてみました

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事