ZBrush-Dynamesh(ダイナメッシュ)更新で出来る穴の直し方

Dynamesh(ダイナメッシュ)を使用している際にポツポツを空いてしまった穴の直し方の動画及び方法のご紹介です。虫食いスイスチーズと呼ばれるこの穴の直し方はいくつもあります。

 

こんな穴

 

自分の現象にあった方法はどれだろうか

その方法を集めてみました。

 

この記事では

穴の原因

穴の解決方法

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • Dynamesh更新で出来る穴を直したい人

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2021.1.2

 

 

関連記事簡単!スイスチーズの作り方はgamiさん講座にて

スポンサーリンク

そもそもの穴の開く原因

Pixologicの公式動画で解決方法と共に原因も語られています

 

要は表と裏の距離が近い箇所、厚みの足りない箇所に発生してしまうと現象です。

動画によるとそのまま進めてしまうと全体的に薄いメッシュと認識されて、全体的に穴だらけになってしまうケースもあるそうで、意図がない限りはさっさとふさいでしまいたい現象ですよね。

 

■穴を放置して進めた結果

穴の直し方

修繕の際に裏(又は裏)のメッシュに影響を与えないで作業をしたいという場合にはBackFaceMaskがおすすめです。

関連記事BackFaceMaskの詳細

【方法1】Pinchブラシ+Inflateブラシ

上記公式動画内で紹介されている方法です。

  1. Pinchブラシで穴周りのメッシュを引き寄せて穴をふさぐ
  2. Inflateブラシでメッシュを法線方向に膨らませ、厚みを持たせる
  3. Dynamesh更新

【方法3】Exrtact(抽出)

  1. Extractを使ってメッシュ全体に厚みを加えたメッシュを作成
  2. 必要に応じてPinchブラシで穴周りのメッシュを引き寄せて穴をふさぐ
  3. Dynamesh更新

関連記事

【方法3】Zmodelerポリゴンアクション>QMesh

ポリゴンが少ない時に有効な方法です。

  1. ZmodelerAction:QMesh、Target:AllPolygonを使ってメッシュ全体に厚みを加えたメッシュを作成
  2. 必要に応じてPinchブラシで穴周りのメッシュを引き寄せて穴をふさぐ
  3. Dynamesh更新

関連記事QMeshの特徴はこちらでご確認下さい

 

基本的にはやってることは同じ

どの方法も近接してしまった箇所に厚みをつける穴をふさいでリメッシュという流れに変わりはありません。

自分のモデルにあった方法で行いましょう。

 

私はExtract+Pinchブラシ+Inflateブラシで解決しました

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事