ZBrush-Keyshot-External Renderer(エクスターナルレンダラー)の各オプション

ZBrush to KeyShot BridgeからKeyShot for ZBrushにZBrushのシーンを送信する際に必要なExternal Renderer(エクスターナルレンダー)サブパレットの各オプション(ブリッジオプション)についてご紹介します。

 

External Rendererにオプション色々あるけどナニコレ?

KeyShotとやり取りする際に知っておく必要はありますよね。

 

この記事では

External Rendererサブパレットの各オプション

をまとめています。

この記事がおすすめな人
  • KeyShotへデータを送る際のオプションを知りたい人
 使用しているバージョンはKeyShot 9 for ZBrush、ZBrush2020.1.3です

 

参考

Options | ZBrush Docs

関連記事インストール方法はこちら

スポンサーリンク

ZBrush to KeyShot Bridgeオプション

Render>External Renderer

KeyShot

ZBrushとKeyShotの間のブリッジを有効にします。

 

ONの場合は、ZBrushでBPRレンダリングをした際に、モデルを自動的にKeyShotに送信します。

OFFの場合は、通常のZBrushのBPRレンダラーを使用します。

Max Faces

現在のモデルをより小さなパーツに分割してKeyShotに送信します。

 

各パーツのサイズは、このスライダで設定された値よりも大きくはなりません(数百万ポリゴン単位最大値は1,000万ポリゴン)。

スライダの値を大きくすると、作業内容が大きな塊でKeyShotに送信されます。使用しているPCの設定によっては、これにより速度が低下したり、ブリッジが完全に停止したりすることがあります。

 

Auto Mergeオプションがアクティブな場合、これらの小さなパーツはKeyShotの内部で結合されます。

moco
ZBrush→KeyShotにデータを送る際はデータをバラバラにして送ってるんですね。ドキュメントのそこかしこでAuto Mergeは大事だ!!という記載があった理由が分かりました

 

Auto Merge Mode

Keyshotに送信する際にバラバラになったモデル情報を自動で結合します。

 

基本OFFにする必要はありません。

ZBrushが大量のデータをKeyShotに送信する際、ブリッジ処理を高速化するために、情報をより小さなチャンクに分割しています(上記の「MaxFace」参照)。AutoMergeModeは、KeyShotにこれらのパーツをすべて結合し、ZBrushで使用していた通りにモデルを再構築します。

 

何のためにOFFがある?

KeyShotがモデルをマージする時間が無くなるため、ブリッジ操作が格段に速くなります。

テストレンダーを行いたい場合などに使用するとちょっと効率化

Group By Materials

ZBrushマテリアルごとに個別のグループを作成します。

 

  • ONの場合、ZBrushでモデルに適用した複数のマテリアルと同じ数のだけKeyShotでのマテリアルグループが作成されます。
  • OFFの場合、各モデルは独立しており、KeyShotライブラリからモデルにマテリアルをドラッグすると、そのモデルにのみ影響を与えます。

Send Document Color

ZBrushドキュメントと同じ背景色をKeyShotに送信します

 

背景画像は送信されません。ドキュメントパレットで設定されている色の値のみを送信します。

まとめ

KeyShotを使うにはExternal RendererでKeyShotをONにすること【必須】

あとはGroup by MaterialをONにするかしないか

ということを学びました。あとはKeyShotga側での作業になるのでしょうか

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事