ZBrush-既存モデルからメッシュを抽出!Extract(抽出)の使い方

マスクや表示部分からメッシュを抽出するExtractについてご紹介です。

 

髪の毛作りのベースメッシュや衣服や装飾品の作成など、既存のオブジェクトの形状を生かしたメッシュ作成を手早く行うことができます。

 

使い方は?

という方に向けて

 

この記事では

Extractの各設定

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • 形状に沿ったメッシュを作成したい人
 検証に使用したバージョンはZBrush2019

 

きっかけはUdemyでZBrushコースを購入してみた8~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作6~でマスクからメッシュを抽出→眉毛・睫毛メッシュを作るという工程でした。

 

参考

Mesh Extract | ZBrush Docs

 

関連記事抽出時どうしてもがたがたになってしまう断面対策

スポンサーリンク

Mesh Extractとは

既存のモデルの一部分からメッシュを抽出して、ヘルメットやジャケット手袋などをすばやく簡単に作成できる機能です。

 

Tool>SubTool>Extract

簡単な使い方

  1. 抽出したい形にマスキング
  2. Extractボタンを押して選択したエリアからメッシュをプレビュー
  3. Acceptボタンを押すことでプレビューをメッシュ化
  4. SubToolに追加される

という流れです。

抽出できる箇所

抽出出来る箇所は2つ

  • マスキングをしたところ
  • 表示しているところ

機能

Extract

モデルの一部からジオメトリ抽出結果のプレビューを行います。

 

ここで結果を確認し、各パラメーターを調整します。

S Smt

抽出されたメッシュの滑らかさを定義します。

スライダー右側の○のアイコンで2種類のスムージングが切り替えられます。

 

 

オープンサークル(デフォルト):抽出されたメッシュのボリュームを維持します。

クローズサークル:抽出されたメッシュのボリュームを維持しません。

Thick

抽出されたメッシュの厚みを定義します。

 

おおよその目安として、布に0.01。 革は0.03。

Accept

Extractボタンでプレビューした結果をメッシュとして抽出、SubToolに追加します。

 

Extractをアクティブにした後にアクティブになります。

Double

ONの場合、抽出されたメッシュが元のメッシュサーフェスの内側と外側の両方に作成されます。

TCorner

ONの場合、抽出処理中に三角形メッシュを生成するのを許可します。

TBorder

ONの場合、抽出したメッシュの周りにクリースが適用された状態になります。

抽出であれば他にも方法がある!

今回は顔のパーツ制作に関連してのExtractでしたが、衣服を製作するに当たっても非常によく使われる機能なのですね。服に厚みをつけるのであれば、ZmodelerのQmeshを使用する方法などがありますし、形状に沿ったメッシュを生成という所ではTopologyブラシなど選択肢は沢山あります。

 

お好きなものでどうぞ

関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事