ポージング付きモデルにペイント反転・ミラーリング!Flip/Mirror  By Posable Symmetry

非対称にポーズされているモデルでも相対位置にポリペイントやマスクを反転又はミラーリングできるFlip By Posable Symmetry/Mirror By Posable Symmetryのご紹介です。

 

元々あったPosable Symmetryという左右対称に作成されたモデル(トポロジーも左右対称)であればポージングをつけた後でも編集可能になる機能の応用編。

 

  • 使い方は?

という方に向けて

 

この記事では

Flip By Posable Symmetry/Mirror By Posable Symmetryの使い方

参考動画

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • ポリペイントを反転またはミラーリングしたい人
  • マスキングを反転またはミラーリングしたい人
 検証バージョンはZBrush2021.7
 タグのZBrush2021にアクセスするとZBrush2021関連記事が全て表示されます

 

参考

Flip & Mirror By Posable Symmetry| ZBrush Docs - Pixologic

関連記事ポージング方法

スポンサーリンク

Flip By Posable Symmetry/Mirror By Posable Symmetry

マスクとポリペイントに存在しています。

Tool>Masking

Tool>PolyPaint

Filipはその名の通り反転。

Mirrorはその名の通り反転コピーです。

 トポロジーは1つの軸で対称でなければなりません。
球体や立方体のように、2つ以上の軸で対称だとこの機能は使えません。

ポリペイントでMirror By Posable Symmetryを使用する際の注意

モデルをマスクしないと、ポリペイントは両側から平均化され、結果として色あせて見えてしまいます。

使い方

一般的な使い方のご紹介

 

  1. モデルの片側にポリペイントを行います
  2. Undo History Timelineから塗り始める直前のポイントに行き、ヒストリーのポイントをCTRL+クリックしてマーキングします。
  3. 塗り終わった後の履歴に戻り、Tool>Masking>Mask Changed Pointsのオプションをクリックし開いたサークルに。実行するとペイントした箇所がぼかすことなく完全にマスキングされます
  4. Tool>Masking>Flip By Posable Symmetryでマスクを顔の反対側へ反転

  5. Tool>Masking>Inverse又はキャンバス上をCTRL+クリックしてマスクを反転
  6. Tool>Polypaint>Mirror By Posable Symmetryでペイントを反転

  7. マスクを解除

  8. Undo History ポイントを解除

応用すれば一部だけ反転コピーすることも出来ますね!

参考動画

2021.7の新機能デモでその機能と使い方が解説されています。

希崎葵(@kizakiaoi)氏の素敵翻訳も必見!

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事