ZBrush-Gizmo3Dメッシュの編集・複製・ネガティブメッシュ

ここではGizmo3Dを使ってメッシュを編集する方法をご紹介します。

 

メッシュの押し出し

メッシュの複製

メッシュをネガティブメッシュにしつつ複製

 

 

参考

Extra Operations | ZBrush Docs

 

関連記事Gizmo3Dの基本的な使い方はこちら

スポンサーリンク

トポロジーの押し出し(Extruding Topology)

Ctrlキーを押しながらGizmoの移動矢印をドラッグすると、モデルのマスクされていない部分をすべて押し出します。

 

押し出し、エッジループの挿入、トポロジーを追加する必要がある場合は、Gizmo 3Dとマスキングを組み合わせて使用します。

 

この操作は、subdivision levelの無いモデルでのみ機能します。 ただし、Freeze Subdivision Level機能を使用して、一時的にベースメッシュレベルを下げてから押し出し、そのディテールを高レベルに再投影することが出来ます

押し出しの手順

  1. モデルがPolyMesh 3DまたはDynaMeshであること。 この機能は、プリミティブまたはZSphereプレビューでは機能しません。
  2. モデルにマスクを作成。 マスキングされたエリアは押し出されず、マスクされていない領エリアを押し出します。 小さなエリアを押し出したい場合は、押し出したいエリアをマスクし、マスクの反転してから続けるのが良いでしょう。
  3. Gizmo 3Dを有効にして、最適な位置にギズモを配置(ALT+クリックなど)します。
  4. Ctrlキーを押しながら、Gizmo 3D矢印の1つをクリックしてドラッグします。 Gizmo 3D全体が動きの方向に移動し、同時にマスクされていないポリゴンが押し出されます。
  5. マウスボタンを離すか、タブレットペンを持ち上げると、ZBrushは押出しによって作成された新しいジオメトリを含むようにマスクを更新します。 これにより、マスクを手動で更新せずに押し出しを続けることができます。※エッジループが追加される
  6. 完了したら、マスクを解除
 Symmetryモードで押し出しをする際はTransform> Local Symをアクティブにする必要がある

メッシュを複製する

マスクがされてない状態CTRL+移動を行うとメッシュを複製できます。

これが非常に便利な用途の1つは、インサートメッシュブラシを使用する場合です。モデルがPolyMesh 3DまたはDynaMeshである必要があります。

 

Gizmo 3Dで複製すると、ZBrushはすでに選択されているSubtoolに新しいメッシュを追加するだけで、 新しいSubToolは作成しません。

 

SubToolが複数の独立したメッシュの組み合わせである場合は、まず複製したくないメッシュを完全にマスクする必要があります。

メッシュの複製の基本手順

  1. DogサンプルプロジェクトからDynaMeshを開きます
  2. Gizmo 3Dをアクティブに
  3. CTRLを押しながらギズモで移動を行うと、現在のメッシュが複製されます

 

 複製不要なメッシュがある場合、メッシュを非表示ではなくマスキングをする。
非表示のメッシュがある状態では複製出来ず、全て表示し、複製不要なメッシュをマスキングしたら複製できました。複製の際には非表示のメッシュがないようにしましょう

Tips:メッシュの複製時に元のモデルにGizmo3Dの基点を残しておく

StickyモードをONにしてから複製する

 

通常は複製と同時にPIVOTも移動しますが、このStickyモードをONの状態で移動すると、現在のPivotの位置を保持します。

Tips:等間隔で複製する

CTRLを押して複製後、ペン(マウス)を離さずCTRLのみを離し、そのままドラッグします。

スポンサーリンク

ネガティブメッシュとして複製

Ctrl+Alt+移動で複製する

 

基本的な操作は複製時と同じですが、+ALTを押します。

Gizmo 3Dでメッシュの複製をする際に、複製されたメッシュにネガティブメッシュとして使用することができます。

 

機能は、DynaMeshでの使用のためのもので、オブジェクトのリメッシュ(CTRL+ドラッグ)なしでは効果がありません

 

関連記事ネガティブメッシュに関して

複製とメッシュインサートブラシの操作

モデルがPolyMesh 3DまたはDynaMeshのEditモードであるときにである時にメッシュインサートブラシが使用できます

 

  1. Brush > Modifiers > Mesh Insert Previewを使用して、サブツールに挿入するオブジェクトを選択します。 または、Mキーを押してIMMポップアップウィンドウを開くか、ユーザーインターフェイスの上部にあるメッシュセレクタを使用します。
  2. モデル上でクリック&ドラッグし、新しいメッシュを挿入
  3. 挿入されたメッシュを複製するには、複製したくないすべての要素をマスクします。
    基本操作で記載したPolyGroupの簡単ワンタッチマスキング(ポリグループ上でCTRL+クリック)を使用すれば簡単にマスキング出来ます
  4. Gizmo 3Dをアクティブにします
  5. Ctrlキーを押しながら、Gizmo 3Dを自由に動かしてマスクされていないメッシュを複製し、そのコピーを配置します。
  6. マウスボタンを放す(またはタブレットペンを持ち上げる)と、ZBrushはマスクを更新して、新しい複製した部分のみをマスク解除します。 これにより、手動でマスクを更新する必要なく、挿入されたメッシュの複製を作成して配置し続けることができます。
  7. 完了したら、マスクを解除
Point!
この操作をする際にはマスキングに要注意。
モデルの一部がマスキングされていないとその部分のみ押されてしまうため、上記ポリグループによるマスキングを強くおすすめします

まとめ

基本的な概念はこれまでと一緒で、ギズモ操作が出来ますよーというところでしょうかね。

やりました

Gizmo3D 関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

 

 

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事