ZBrush-クッションを一瞬で作ろう【メイキング】

クロスシミュレーションを使って一瞬でクッションの形状を作る方法をご紹介します。

 

なだらかな膨らみ、シワ、時間がかかりますよね。

それがメッシュさえ用意してしまえばクロスシミュレーション秒で作れてしまいます。

 

この記事では

クッションづくりの工程と設定

をまとめています。

 

レンダリング関連はまとめておりません。(Keyshotで一発故)

 

この記事がおすすめな人
  • ZBrushで布表現をしたい人

 

 検証バージョンはZBrush2021

 

関連記事動画を見る時に役立つDynamicsでやってること

スポンサーリンク

参考動画

今回はこちらの動画を参考にやってみることにしました。

ちなみに英語のリスニング力は皆無なので、設定は適当です。

実際にクッションを作ってみた

クッションを作るのは本当に秒でした。

1.メッシュを用意する

私が用意したデータは

  1. Gizmo3DのCustomize>PolyCubeより
  2. XとYは30程度、Zは若干少な目で8程度
  3. ScaleZで上記ぐらいまで押しつぶします

側面になるところは若干少な目の方がよい結果が出ました

2.InflateをON

3.Run Simulation

Run Simulationを押すと膨らみます。シワ付きで。

完成。

moco
おぉスゴイ!早い!

その後のシミュレーション

【方法1】Gravityを使う

ココでの要素は

  • FloorSollision をON
  • Self Collision を2程度に
  • Gravity をON
  • Gravity Strength を2前後に

【方法2】Transepose Clothを使う

Gizmo3Dを使って床に衝突させていました。

クロス面白いですね

応用するとこんな形状もすぐに出来ました。

moco
変形させたいオブジェクトをぶつけに行く感じですね

面白かったです!

 

関連記事Keyshotで即行ふわふわクッション

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。

関連記事実際にやった感想

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事