ZBrush-マスクを細かく調整!Mask Adjustとプロファイルカーブサンプル

マスキングの詳細な調整を行うMask Ajust(マスク調整)のご紹介です。

 

マスクの輪郭線を抽出したい。

BlurMask(CTRL+クリック)だとちょっとボケ過ぎて困る。

そんな方に向けて

 

この記事では

Mask Adjustの設定

Mask Adjust Profileのカーブサンプル

をまとめています。

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2021.1.2

 

関連記事マスキングは色々出来る

 

参考

Masking| ZBrush Docs

スポンサーリンク

Mask Adjust

Tool>Masking>Mask Adjust

ちょっと縦に長いですよね。Mask Adjust自体はここだけです。

主に覚えておけばよい機能

Apply

BlurスライダーとMask Adjust Profileカーブの設定に応じてマスクを調整します

Blur

マスクのぼかす度合いを指定します。

 

値を高くするとぼかしが大きくなり、値を低くすると既にぼやけているマスクをシャープにすることができます。

Mask Adjust Profile

プロファイルカーブを変更することで、マスキングを変化させることができます。

 

その下の各項目はプロファイルカーブを調整するためのものなので省略します。
実際に触ってみて下さい。あとのプロファイルカーブサンプルの項目でも一部ご紹介しています

カーブを直線にするには?

DrawPoint(オレンジ色の点)をつかみ、押したままプロファイルカーブエリア外にドラッグして戻します。同様の操作で再びカーブにすることが出来ます

Undo/Redo

プロファイルカーブ編集の取り消し/やり直し

 

CTRL+Zではマスキングの効果がアンドゥされてしまうのでご注意下さい。

Save/Load

プロファイルカーブの保存/読み込みを行います

プロファイルカーブサンプル

実際にプロファイルカーブがどのように影響するかをいくつかご紹介します。

Applyを実行することでマスキングに反映されます。

調整前のマスキングのボケ次第等で結果は変わるので参考程度にどうぞ。

 ボケ足が全くないとプロファイルカーブを調整しても上手く反映されない場合があります。その際は一旦マスクにBlurを少しかけてからお試し下さい

 

マスクエリアをグロー(拡大する)

Focal Shiftを-に設定します

マスクエリアをシュリンク(縮小する)

Focal Shiftを+に設定します

マスクの濃度を均一に変更します

Offsetを調整します

マスクにムラを作る

Noiseを調整します

輪郭線抽出1

なだらかな輪郭が抽出されます

輪郭線抽出2

台形にするとより濃くなります

ボケを除去

何かと使い勝手がよさそう

マスク+Inflateを使ったスジボリ、装飾品作成等一部抽出は使いどころが多いですね。

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事