ZBrush-MicroMesh(マイクロメッシュ)の使い方とMicoPoly(マイクロポリ)との相違

BPRレンダー機能の一つMicroMesh(マイクロメッシュ)の使い方をご紹介です。

 

MicroPolyと違うんかい!!??という所から調べたので、MicroPolyとの比較もあります。

 

使うための流れがよくわからない

MicroPloyと違うの??

という方に向けて

 

この記事では

MicroMeshの使い方

MicroPolyとの違いを解説している動画

をまとめています。

この記事がおすすめな人
  • MicroMeshを使いたい人
 検証バージョンはZBrush2021.1

参考

MicroMesh| ZBrush Docs

スポンサーリンク

MicroMeshとは

MicroMeshはBPRレンダリング機能で、BPRレンダリング時に選択しているFiberMeshオブジェクトのファイバーやオブジェクトの個々のポリゴンを別の3Dモデルに置き換えることができます。

 

Tool>Geometry >Modify Topology>MicroMesh

MicroMeshが選択されるとすぐに選択しているSubTool各ポリゴン上にプレビューが表示されます。(※Render PropertiesのDrawMicroMeshがONになっていれば)

MicroMeshの向き

Tool>Previewで確認できるモデルに対して定義されたピボットポイントの位置と向きによって決定されます

MicroMeshとMicroPolyの相違

MicroMeshはレンダリング機能の一つ、MicroPolyはDynamicSubdivisionの機能の一つと機能が異なります。

  • MicroMeshはプレビューがあるもののレンダリングして初めて結果がわかる、MicroPolyはリアルタイムで結果を確認できる
  • MicroMeshで使用できるのは1モデル。MicroPolyはSubToolによる複数オブジェクトでバリエーション生成可
  • FiberMeshにおいてこの2つで挙動が異なる(後述のBLEASTERさんの動画参照)
  • いずれもメッシュに変換することが可能

 

関連記事Micropolyの基本

MicroMeshの使い方

  1. ToolパレットにMicroMeshとして使用したいモデルをロードします
  2. Tool>PreviewでモデルのPivotと向きを確認、必要あらばGizmo3Dで修正します

    関連記事Unifyで諸々リセットするのもおすすめ
  3. Tool>Geometry >Modify Topology>MicroMeshで1でロードしたメッシュを選択
  4. Render>Render Properties>Draw MicroMeshをONにします。
  5. すると選択したSubToolにMicroMeshのプレビューが表示されるようになります。

    ちなみにこのオプションをONにしないとMicroMeshを選択、BPRレンダリングしてもただの箱です
  6. BPRレンダリングをポチっと。全てのポリゴンが選択したメッシュで表示されました

    関連記事BPRレンダリング

ジオメトリに変換したい

Tool>Geometry>Convert BPR To Geometry

FiberメッシュにおけるMicroPolyとの違い解説動画

こちらの動画で解説されていてMicroMeshが理解できた故にご紹介です。図解も素晴らしい

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事