ZBrush-オブジェクトを曲面に沿わせて変形・配置させる【インサートメッシュ+Projection Strength】

インサートメッシュ+ブラシモディファイヤの設定を使ってオブジェクトを曲面に沿って変形・配置する方法をご紹介します。

 

曲面に合わせてオブジェクトを貼り付けたい。

体の起伏に合わせてオブジェクトを変形したい。

という方に向けて

 

この記事では

オブジェクトを曲面に沿わせて配置するまでの工程

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • オブジェクトをピッタリ密着させたい人
 検証に使用したバージョンはZBrush2021.1.2

 

関連記事似たような機能でMatchMakerブラシがあります

スポンサーリンク

オブジェクトを曲面に沿わせて変形・配置の手順

  1. 配置したいオブジェクトを用意します
  2. 配置したいオブジェクトにUnifyをかけます
  3. オブジェクトをインサートメッシュ化
  4. Projection Streatchを100に
  5. 配置したいオブジェクトにインサートメッシュとして描きます。

実際にやってみた

今回はZBrushロゴを顔に配置します。

1.配置オブジェクトの用意

今回はSnaoShot3D機能を使ってZBrushのロゴを用意しました。変形に耐えられるようにそこそこメッシュが分割されている必要があります。

moco
ZBrushのロゴはLightBox内>SpotLightにアルファとして入っています。SnapShot3Dを使えばすぐに立体化できるので、ロゴの立体モデルが欲しい人はお試し下さい

 

関連記事Snapshot3D

2.オブジェクトにUnifyをかける

Tool>Deformation>Unify

ZBrushで扱うデータとして最適サイズにします。

するとTool>Geometry>Sizeの値がおおよそ2になります。

関連記事Unifyをかける意味

3.インサートメッシュ化

Brush>Create>Create Insert Mesh(※Brushパレット下部のCreate Insert Meshでも可))

選択中のメッシュを現在のブラシに追加するか(Append)、新規でブラシを作成するか(NEW)聞かれますのでここはNEWにしておきましょう。選択中のブラシに追加したい場合はAppend。

インサートメッシュの作成完了です

関連記事インサートメッシュの色々

4.ブラシモディファイヤで値を変更

Brush>Modifires>Projection Streatch を100に。

日本語だと投影強度と呼称されるようです。

5.インサートメッシュを描く

あとは通常通りインサートメッシュで描きます。

どこでもいい感じに変形してくれるので楽ちんですね。

【おまけ】インサートメッシュを追加する

インサートメッシュを追加したい時は追加したいInsertMeshブラシを選択してAppend

あっという間です

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事