ZBrush-写真からリアルな葉っぱを作ろう!【メイキング】

写真素材を使ってリアルな葉っぱを作成する方法のご紹介です。

 

こちらネットで見かけたTipsなのですが、元のリンクが無くなっていたのでキャッシュの画像を見て作成してみました。作者不明のTipsです。

 

この記事では

写真素材からオブジェクトを作る制作工程

をまとめています。

 

 検証バージョンはZBrush2021.5
スポンサーリンク

リアルな葉っぱを作成するワークフロー

大まかなワークフローは

  1. 葉のテクスチャを用意する
  2. テクスチャからポリペイントに変換
  3. 葉のマスク作成
  4. 不要なメッシュを削除
  5. スカルプトや調整

実際にやってみた

今回はTextures.comから素材をお借りしました。すでに後が抜けている素材があるので助かりますよね。

関連記事

Step1.葉のテクスチャを用意する

背景をグレー又は黒にした正方形のテクスチャを用意します

テクスチャの色にかぶらない背景色が良いです。

moco
検証はグレーの背景で行いましたが、マスクの作成時に調整が必要だったのでもう少し黒っぽい色でやればよかったなと思いました

Step2.テクスチャからポリペイントに変換

  1. plane3Dを作成しMakePolyMesh3Dで変換。
  2. Tool>Geometry>DvideでSdivを5ぐらいに分割します。
  3. Tool>TexrureMapから先ほど作成したテクスチャを読み込みます
  4. Tool>Polypaint>Polypaint From Textureでテクスチャをポリペイントに変換します。

    この際にポリペイントがボケてしまうようならSdivの分割数を増やしてください

Step3.葉のマスク作成

葉と背景を分離します。

Tool>Masking>Mask By Color>Mask By Polypaintで背景の部分にマスクを生成します。

このような感じにマスキングされます。(ポリペイントを非表示にした状態)

Step4.不要なメッシュの削除

葉以外の場所を削除します。Tool>Geometry>DelLowerで下位のサブディビジョンを削除します

  1. CTRL+クリックでマスクを反転。
  2. Tool>Visibility>Hide Pt でマスクがかかっていない箇所を非表示にします
  3. Tool>Geometry>Modify Topology>DelHiddenで非表示部分を削除します

スカルプトや調整

後は

  • Tool>Masking>Mask By Color>Mask By Intensity
    マスクをかけて葉をスカルプトしたり
  • Gizmo3Dのデフォーマー

等を使って変形、あとは好きに複製すれば完成です。

関連記事

Ryan’sToolsもおすすめ

Ryan’sToolsの中には読み込んだ画像の解像度(縦横比)そのままにポリペイント化してくれる機能があります。

それを使えばStep1.2は省略できますし、テクスチャを正方形にする必要もありません。

おすすめです

関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事