ZBrush-SpotLight(スポットライト)v1.0の使い方と各機能

ZBrush上で直接テクスチャを表示し、3DモデルにペイントできるSpotlightについて調べてみました。

 

ダイヤルの操作方法、各機能についてのメモです。

 

 

調べた時点でのバージョンはZBrush4R8。

 

 

 ZBrush2019がリリースされSpotLightv2.0が発表されたのでこちらは(勝手に)v1.0とでもしておきます。v2.0をまとめるにあたり、補足画像追加等行っているため、若干v2.0の情報も混在していますがご了承ください

 

 

参考

Spotlight | ZBrush Docs

 

 

関連記事ZBrush2019からのSpotLightの各機能はこちら

 

関連記事リファレンス画像表示として利用するなら他にも色々あります

 

コンテンツ

スポンサーリンク

概要

SpotLightはプロジェクションテクスチャリング機能でZBrush上にテクスチャを読み込んでペイントすることが出来、ZBrush上で使用するテクスチャの色相、サイズ等々編集することが出来る機能を持ち合わせています。

 

 

 PolyPaintとして描くため、ポリゴンが十分にあることが大事です。

SpotLightを使うにあたりUV、テクスチャマップは必要ありません

SpotLightの起動方法

  1. Textureパレットにテクスチャを読み込む
  2. モデルにペイントしたいテクスチャを読み込みTexture>Add to SpotLightボタンを押す
  3. ドキュメント上にダイヤルと読み込んだテクスチャが表示されます。

 

 

 モデルにテクスチャが表示されていないことを要確認!

先述どおりPolyPaintとして描くため、モデルにテクスチャが表示された状態だとポリペイントがテクスチャに隠れることになってしまいます。

 

 

 アルファを読み込む際にはAlpha > Add to SpotLight

すでにZBrush2019にバージョンを上げてしまったため昔のバージョンにこの項目があったか確認できませんが、アルファを読み込みたい場合はこちらをご利用ください

 

 

 アルファプリセットを読んで、SpotLightを使用するならTransform>Edit SpotLight

すでにZBrush2019にバージョンを上げてしまったため昔のバージョンにこの項目があったか確認できませんが、SnapShot3DのためにLightBoxからアルファを読み込み、編集したい場合はこちらをご利用ください

スポンサーリンク

SpotLightの2つのモード

基本的にSpotLightには2つのモードがあります。

 

 

  • ダイヤルモードSpotLightのダイヤルが出ている間):テクスチャ画像の編集可能 ※SpotLightEditモードと言うそうです
  • ペイントモード(SpotLightのダイヤル非表示の間):ポリペイントとしてテクスチャを描く、スカルプトする

 

 

構造になっています。

 

moco
ダイヤルモードはまとめる便宜上、勝手に命名しています。
v2.0を調べるにあたり「SpotLightEditモード」という事実が分かったのですが、修正が大変なのでこのv1.0のドキュメントではダイヤルモードとさせてください。

ダイヤルの基本操作

ダイヤルの内側をドラッグで画像とダイヤルを移動。

 

ダイヤルの中心にあるオレンジ色のサークル内をドラッグでダイヤルのみ移動します。

 

 

 

あとは基本的に各機能のアイコン上でクリック又はクリック&ドラッグするとその機能が反映されます。

 

 

 回転やスケールなど一部の機能はダイヤルをの中心をピボットポイントとして使用するため、ダイヤルのみ移動させる方法も覚えておく必要があります

SpotLightのON/OFF

Add To SpotLightの隣にあるTurn On Spotlight (Shift+Z)


ちなみに一度OFFにしてまたONにした際はダイヤルが消え、3Dペイントモードになっています。

SpotLightのダイヤルモード/ペイントモードの切り替え

Zキーを押します。

 

Turn On Spotlight (Shift+Z)から戻った際には3Dペイントモード(ダイヤル非表示)になっているため、Zを押して再びダイヤルを表示し、テクスチャを編集することが出来ます。

 

3Dペイントモードにした際にテクスチャが表示されない場合

Spotlight Radius に0以外の値が入っていないか確認して下さい。

 



 

テクスチャを複数配置したい場合

起動方法と同様の手順を繰り返します。

 

 

 選択されているテクスチャは赤いアウトラインがついています。
テクスチャの外側の空いてるスペースをクリックすると全てのテクスチャをまとめて操作できます

 

Spot Lightの保存と読み込み

SpotLightに読み込んだテクスチャは、別ファイルとして保存することができます。

 

別ファイルとして保存することで、スキンセット・壁/コンクリートセットなど自分なりのテクスチャセットを作成し、効率よく作業をすることが出来ます。

 

機能

1:Rotate

テクスチャを回転させます。

 

Shiftを押しながら行うと内側の刻み目にフィットして回転します。

2:Scale

テクスチャをスケーリングさせます。

 

 

CTRLを押しながら行うと不均等スケールをかけることが出来ます。

3:Pin Spotlight

ストローク開始時に使用するテクスチャの開始ポイントを指定できます。

 

 

SpotLightダイヤルの中心をテクスチャの使用開始したい部分に移動させる必要があります。

4:Spotlight Radius

PinSpotLightで指定されている部分を円状確認することが出来ます。

 

 

ペイントやスカルプトをするにあたり、テクスチャのどの部分を使用するかをプレビューします。あくまでプレビューのため、Drawsize 、RGBIntensity、ZIntensityに影響を与えることはありません。

    デフォルトでは0に設定されているため見えていませんがアイコンを時計回りにドラッグすることで表示、半径を制御出来ます。

     

    5:Opacity

    テクスチャの不透明度の変更。

     

    ただし、ペイントやスカルプトには影響しません。

    6:Fade

    重ね合ったテクスチャをミックスしてブレンドするために不透明度を制御します。

     

    デフォルトでは0のため、Fade機能は働いていません。

    7:Tile Proportional

    テクスチャのピクセルサイズ(解像度)に基づいてドキュメントの左側に寄せます。

    もっとも大きなテクスチャは上部に配置され、ビジュアル的にも大きく表示されます。

     

    テクスチャを選択すると、実際のサイズがインターフェースの左上に表示されます。

    8:Tile Selected

    選択したテクスチャが大きく保たれ、それ以外のテクスチャは選択したテクスチャの下に配置されます。

     

     

    9:Tile Unified

    全てのテクスチャが同じサイズでドキュメントに左側に配置されます

     

    10:Front

    選択したテクスチャを前面に

    11:Back

    選択したテクスチャを背面に

    12:Delete

    選択したテクスチャを削除

    13:Flip H

    選択したテクスチャを水平反転

    14:Flip V

    選択したテクスチャを垂直反転

    15:Tile H

    時計回りにドラッグすると水平方向にタイリング

    SHIFT+ドラッグで水平・垂直同時にテクスチャをタイリングすることが出来ます。

     

    タイリングを戻したい場合

    アイコンを反時計回りにドラッグ。

     

    16:Tile V

    時計回りにドラッグすると垂直方向にタイリング

    SHIFT+ドラッグで水平・垂直同時にテクスチャをタイリングすることが出来ます。

     

    タイリングを戻したい場合

    アイコンを反時計回りにドラッグ。

     

    17:Grid

    テクスチャにチェックパターンやグリッドラインを表示します。

     

    時計回りにクリック&ドラッグすると、チェックパターンが適用されます。

    反時計回りにクリック&ドラッグするとグリッドラインが適用されます。

     

     

    位置やプロポーション、長さなど測るために便利です。

    Gridカラーの変更

    チェックパターンやグリッドの色は現在Colorパレットで選択されているMainColorよって設定されます。

    Grid適用した画像を元に戻したい場合

    Restoreアイコンを時計回りにクリック&ドラッグします。

     

    moco
    ドラッグを放した時点で、チェック又はグリッドが確定してしまうようなのでご注意

    18:Restore

    Grid,Clone, Smudge, Saturation, Hue, Intensity, ColorやFillなどの効果を元に戻す機能です。

     

    アイコンを時計回りにクリック&ドラッグ:選択された画像を元に戻すことが出来ます。

     

    ブラシを使用して部分的に元に戻す

    Restoreアイコンをクリックして、ペイントします。

     

     

    RGB Intensityスライダーで強度をコントロールすることが出来ます。

     

     

     いずれもNudgeは戻せません

     

    19:Nudge

    ブラシを使用し、テクスチャを部分的に伸ばしたり、歪ませたり移動させたりする機能です。

     

    Nudgeアイコンをクリックしたのち、ブラッシングすることでテクスチャにゆがみを与えます。

    ブラシの強度はZ Intensityスライダーで調整。

     

    滑らかにするには、SHIFTキーを押したままブラッシングします。

    Nudgeの特徴

      1. Nudge brushは4段階の解像度のレベルを持っています。
        解像度を上げるにはDキー/下げるにはSHIFT+D。
        高解像度では画像を微調整するために制御しやすくなり、低解像度ではSHITFキーを使用してのスムージングに大きな効果をもたらします。
      2. Nudgeブラシが選択されている間はブラシモードになります。
        SpotLightの中でロードされたどんな画像でもクリックすることでNudgeを適用できる状態になる。
      3. このブラシモードを止めるには、もう一度Nudgeアイコンをクリックします。

     

    元に戻したい場合

    • CTRL+Z
      どんなNudgeも段階的に元に戻すことが出来ます。※Restore機能では戻らないので注意!
    • Nudgeアイコンを時計回りにクリック&ドラッグする
      Nudgeを適用する前の元の状態に戻ます。

    20:Clone

    選択しているテクスチャ又はSpotlightでロードされているテクスチャ上に他のテクスチャを部分的に描画することが出来ます。

     

     

    Cloneアイコンをクリックしたのち、コピー先のテクスチャにブラッシングします。

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    Clone元はSpotLightダイヤルの中心オレンジ色の円です。

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Cloneアイコンをクリックします。

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    21:Smudge

    テクスチャをぼかすことが出来ます。

     

     

    全体をぼかすにはSmudgeアイコンを時計回りにクリック&ドラッグします。

    一気にやるとボックス状のブラーがかかります。

     

     

    moco
    透過した画像など、画像の端のほうに絵がないテクスチャは 輪郭はぼけないようです

     

    ブラシを使用して部分的にぼかす

    Smudgeアイコンをクリックしペイントします。

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

     

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Smudgeアイコンをクリックします。

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    22:Contrast

    テクスチャのコントラストを調整します。

     

    全体のコントラストを調整するにはContrastアイコンをクリック&ドラッグします。

    時計回り:コントラストを上げる

    反時計回り:コントラストを下げる

     

    ブラシを使用して部分的にコントラストを調整する

    Contrastアイコンをクリックしペイントします。

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    コントラストを下げるにはALTを押しながらペイントします。

     

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Contrastアイコンをクリックします。
    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    23:Saturation

    テクスチャの彩度を調整します。

     

    全体の彩度を調整するにはSaturationアイコンをクリック&ドラッグします。

    時計回り:コントラストを上げる

    反時計回り:コントラストを下げる

     

    ブラシを使用して部分的に彩度を調整する

    Saturationアイコンをクリックしペイントします。

     

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

     

    彩度を下げるにはALTを押しながらペイントします。

     

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Saturationアイコンをクリックする。
    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    24. Hue

    テクスチャの色相を調整します。

     

    全体の彩度を調整するにはHueアイコンを時計回りにクリック&ドラッグ。

     

    ブラシを使用して部分的に色相を調整する

    Hueアイコンをクリックしペイントします。

     

    moco
    色相の変化というよりはMainカラーでの着色しか出来ないため、 どのように色相が変わるかは不明です

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Hueアイコンをクリックします。
    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    25:Intensity

    テクスチャの輝度を調整します。

     

    全体の輝度を調整するにはIntensityアイコンをクリック&ドラッグします。

     

    時計回り:輝度を上げる
    反時計回り:輝度を下げる

     

     

     テクスチャの一部又は全体の輝度が下がりきって真っ黒になった場合は、その部分は透明になります

     

    ブラシを使用して部分的に輝度を調整する

    Intensityアイコンをクリックしペイントします。

     

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    輝度を下げるにはALTを押しながらペイントします。

     

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Intensityアイコンをクリックする。
    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

     

    26. Paint

    カラーのストロークをペイント、テクスチャの一部又は全体を選択したカラーでペイント出来ます。

     

    Paintアイコンが選択されている間、ブラシモードになります。

    SpotLightにロードした画像をクリック、選択したテクスチャに描くことが出来ます。

     

     

    ペイントする色はColorパレットのMain Color、ALTキーを押すことでsecondary Colorに切り替えることが出来ます。

     

     

    カラーの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

     

     

    テクスチャの一部又は全体を塗りつぶすことも可能です。

     

     

    全体を塗りつぶし

    main color又はsecondary colorでテクスチャを塗りつぶすには、最初に塗りつぶしたい画像を選択し、Paintアイコンをクリック&ドラッグします。

     

    時計回り:main colorで塗りつぶす
    反時計回り:secondary colorで塗りつぶす

     

    テクスチャの一部塗りつぶし

    Paintブラシが選択されている間、画像の一部をmain colorで塗りつぶすことが出来ます。

    Ctrlキーを押しながら、塗りつぶし始めたいところをクリック&ドラッグ

     

     

    遠くにドラッギングするにしたがってmain colorを塗りつぶしていくので望むエリアを塗りつぶすまで、ドラッグを続けます。

     

     

    ブラシサイズによって塗りつぶし領域のディテールは変化します。

    小さいブラシほどより細かな境目を検知して塗りつぶします。

     

     

    ドラッグ中、望まないエリアまで色を塗りつぶしてしまった場合、ドラッグの方向を逆にし、スタート位置に戻ることが出来ます。スタート位置にドラッグして戻ることによって改めての望むエリアを塗りつぶすことが出来ます。

     

     

    マウスボタンを離すと、塗りつぶしはストップするため、このドラッグを繰り返して、好きな色でテクスチャの他の部分を塗りつぶすことが出来ます。

     

    アウトラインの作成も可能

    塗りつぶしの間、Shiftを押すと塗りつぶしている領域の周りを若干縮小することが出来ます。

    この機能を利用してアウトラインを作成することも可能です。

     

     

     

     

     1回のストロークで必要なエリアを塗りつぶすことができない場合

    短いドラッグ操作を繰り返すことで、より複雑な画像の塗りつぶしを実行することが出来ます

     

     

    塗りつぶしたカラーを別の色に差し替えたい!
    塗りつぶした後に、そのエリアを別の色に差し替えるには、Paintアイコンをクリック後、差し替えたい色の上でCTRLを押したままクリック&ドラッグするとmain colorに、ALTを押しながらクリック&ドラッグするとsecondary colorに差し替えることが出来ます。

     

     

    テクスチャを透過させるには?
    真っ黒でペイント又は塗りつぶすことでどんなテクスチャも透明にすることができます
    透明になっても透明なエリアは画像から削除されたわけではありません。その透明なエリアに再び色をつけることが出来ます。

     

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Paintアイコンをクリックします。
    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    まとめ

    ZBrush上でテクスチャを編集できるツールですね。

    ザックリとした加工であればPhotoshop要らずで対応できるのがミソ。

     

     

    とりあえず、Nudgeを除く大半の機能はCTRL+Z戻らないことを理解しておかないとなりませんね。

    (癖でCTRL+Zを押すとモデルに影響が出てしまいます)

     

     

    リファレンス画像表示として利用するなら他にも色々あるのでそちらもご利用下さい

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事