ZBrush-SpotLight(スポットライト)v2.0のダイヤルの各機能

ZBrush2019でアップデートされたSpotLightv2.0の各機能について調べました。

 

 

v1.0では26種類だった機能がv2.0では33種類にも増えています。

 

 

今回SpotLight を使用し、アルファ画像などからモデルを作成できるSnapShot3Dという機能も搭載されましたが、そちらについての詳細は別途まとめたいと思います。

 

 

 v1.0の時と同じ機能は面倒くさいので画像を使いまわしている箇所もあります。ご了承ください。

 

関連記事SpotLightの基本的な起動方法や操作の仕方はv1.0の方でご確認ください。

 

参考

Spotlight | ZBrush Docs

スポンサーリンク

v1.0からの変更点

  • 機能が26種類→33種類に
  • Grid機能は削除
  • 選択した画像にガイド追加。
    ダイヤルがガイドにスナップしてくれるため、画像の中心や角がわかりやすくなり何かと便利です。

ダイヤル一覧

v1.0と被るところもありますが一応こちらにもまとめておきます。

 

1:Rotate

テクスチャを回転させます。

 

 

時計回り/反時計回りで回転を制御します。

Shiftを押しながら行うと内側の刻み目にフィットして回転します。

2:Scale

テクスチャをスケーリングさせます。

 

 

時計回り/反時計回りでスケールを制御します。

CTRLを押しながら行うと不均等スケールをかけることが出来ます。

3:Pin SpotLight

ストローク開始時に使用するテクスチャの使用箇所を指定します。

 

 

SpotLightダイヤルの中心をテクスチャの使用開始したい部分に移動させる必要があります。

4:Spotlight Radius

PinSpotLightで指定されている部分を円状確認することが出来ます。

 

 

ペイントやスカルプトをするにあたり、テクスチャのどの部分を使用するかをプレビューします。あくまでプレビューのため、Drawsize 、RGBIntensity、ZIntensityに影響を与えることはありません。

     

     

    デフォルトでは0に設定されているため見えていませんがアイコンを時計回りにドラッグすることで表示、半径を制御出来ます。

     この機能を確認するためにはホットキーのZでペイントモードに入る必要があります。

    5:Opacity

    テクスチャの不透明度の変更。

     

     

    時計回り/反時計回りで不透明度を制御します。

    ただし、ペイント(RGB Intensity)やスカルプト(Z Intensity)には影響しません。

    6:Background Opacity

    背面のテクスチャの不透明度の変更(?)

     

    moco
    やり方が悪いのか何故か反映されません。

    6:Fade

    重ね合ったテクスチャをミックスしてブレンドするために不透明度を制御します。

     

     

    デフォルトではSpotLightの画像のFade値は100%に設定されています。つまりFadeは適用されていません。

    Fade量を減らすと画像が暗くなり、他の画像の上に配置されている時は下の画像とブレンドした結果をペイントまたはスカルプトします。

     

    時計回り/反時計回りでFade量を制御します。

    8. Quick Select

    選択したテクスチャを次にクリックしたテクスチャに置き換えます。

     

     

    クリックされた画像は同じ位置、同じ縮尺、同じ角度で置き替えられます。

    9:Tile Proportional

    テクスチャのピクセルサイズ(解像度)に基づいてドキュメントの左側に寄せます。

     

     

    もっとも大きなテクスチャは上部に配置され、ビジュアル的にも大きく表示されます。

    テクスチャを選択すると、実際のサイズがインターフェースの左上に表示されます。

    10:Tile Selected

    選択したテクスチャが大きく保たれ、それ以外のテクスチャは選択したテクスチャの下に配置されます。

     

     

    11:Tile Unified

    全てのテクスチャが同じサイズでドキュメントに左側に配置されます。

     

     

    12:Front

    選択したテクスチャを前面に

    13:Back

    選択したテクスチャを背面に

    14:Delete

    選択したテクスチャを削除

     

     

     選択したテクスチャが削除されると、他のテクスチャが選択されるまではすべての画像を1グループとして、回転、移動などを制御します

    15:Duplicate

    選択したテクスチャを複製

     

    16:Union

    画像をブール演算します。

     

     

    主にアルファ画像を編集するために利用します。

    • デフォルトでは結合。背面の画像に結合します。
    • +ALT:減算。前面の画像で背面の画像を抜きます。
    • +ALT+SHIFT:交差。前面の画像と背面の画像の交差部分を残します。

    17:Snapshot3D

    選択されたアルファを3D化

     

     

    • +ALT:で得られたSubToolはSubtractive(減算)モードに設定されます。 Live Booleanがアクティブの場合、3Dモデルは表示されず、既存のSubToolsから減算されます。
    • +ALT+SHIFT:で得られたSubToolはIntersection(交差)モードに設定されます。Live Booleanがアクティブの場合、3Dモデルの交差部分のみが表示されます。
    • +SHIFT:で得られたメッシュは、新しいものを作成するのではなく、現在のSubToolに追加されます。

    18:Frame

    アルファ又は画像の境界にアウトライン(フレーム)を作成します。

     

     

    画像が選択されると、白いピクセルだけが考慮され、他の色は消えます。

     

     

     フレームは、画像を超えて拡張することはできません。
    • +SHIFT:フレーム拡大。アルファが外に広がります。
    • +ALT:フレーム縮小。アルファが内に引っ張られます。

    19:Flip H – Mirror H

    選択したテクスチャを水平反転

     

     

    クリックで水平反転をします。

    • +SHIFT:左を右へミラー。
    • +ALT:右を左へミラー。

    moco
    「ミラーの中心は、スポットライトダイヤルの中心位置によって設定されます。」との記載がありましたが、ダイヤルの位置を変更してもミラーは画像の中心でした。(なぜ、、、)

    20: Flip V – Mirror V

    選択したテクスチャを垂直反転

     

     

     

    クリックで垂直反転をします。

    • +SHIFT:上から下へミラー。
    • +ALT:下から上へミラー。

     

    moco
    「ミラーの中心は、スポットライトダイヤルの中心位置によって設定されます。」との記載がありましたが、ダイヤルの位置を変更してもミラーは画像の中心でした。(なぜ、、、)

    21:Extend H

    選択したテクスチャを水平軸に沿って拡大または縮小させます。

     

     

    拡大・縮小の中心はSpotLightダイヤルの中心位置によって設定されます。

     

    moco

    こちらは中心位置が反映されました。

    伸びるのは中心部分のピクセルだけです。スケールとはちょっと違いますね

    22:Extend V

    選択したテクスチャを垂直軸に沿って拡大または縮小させます。

     

     

    拡大・縮小の中心はSpotLightダイヤルの中心位置によって設定されます。

     

    moco

    こちらは中心位置が反映されました。

    伸びるのは中心部分のピクセルだけです。スケールとはちょっと違いますね

    23:Tile H

    水平方向にタイリングします。

     

     

    +SHIFT:水平・垂直同時にテクスチャをタイリングすることが出来るため、縦横比が維持されます。

    24:Tile V

    垂直方向にタイリングします。

     

     

     

    +SHIFT:水平・垂直同時にテクスチャをタイリングすることが出来るため、縦横比が維持されます。

     

    25:Restore

    Clone, Smudge, Saturation, Hue, Intensity, ColorやFillなどの効果を元に戻す機能です。

     

     

    アイコンを時計回りドラッグすることで選択された画像を元に戻すことが出来ます。

     

     

    ブラシを使用して部分的に元に戻す

    Restoreアイコンをクリックして、ペイントします。

     

    Restoreアイコンをクリックするだけで、Restoreブラシが有効になります。その状態でダイヤルの外側にある画像をペイントするとペイントした箇所だけ元に戻ります。

     

     

    RGB Intensityスライダーで強度をコントロールすることが出来ます。

     

     

    編集後の画像をオリジナルにする

    ALTを押しながらRestoreアイコンをクリック&時計回りにドラッグします。

     

    すると、編集済みの画像がオリジナルに置き換わります。

     

     

     いずれもNudgeの効果は戻せません

     

    26:Nudge

    ブラシを使用し、テクスチャを部分的に伸ばしたり、歪ませたり移動させたりする機能です。

     

     

    Nudgeアイコンをクリックしたのち、ブラッシングすることでテクスチャにゆがみを与えます。

    ブラシの強度はZ Intensityスライダーで調整。

    滑らかにするには、SHIFTキーを押したままブラッシングします。

    Nudgeの特徴

      1. Nudge brushは4段階の解像度のレベルを持っています。
        解像度を上げるにはDキー/下げるにはSHIFT+D。
        高解像度では画像を微調整するために制御しやすくなり、低解像度ではSHITFキーを使用してのスムージングに大きな効果をもたらします。
      2. Nudgeブラシが選択されている間はブラシモードになります。
        SpotLightの中でロードされたどんな画像でもクリックすることでNudgeを適用できる状態になる。
      3. このブラシモードを止めるには、もう一度Nudgeアイコンをクリックします。

     

     

    元に戻したい場合

    • CTRL+Z
      どんなNudgeも段階的に元に戻すことが出来ます。※Restore機能では戻らないので注意!
    • Nudgeアイコンを時計回りにクリック&ドラッグ
      Nudgeを適用する前の元の状態に戻ます。

    27:Clone

    選択しているテクスチャ又はSpotlightでロードされているテクスチャ上に他のテクスチャを部分的に描画することが出来ます。

     

     

    Cloneアイコンをクリックしたのち、コピー先のテクスチャにブラッシングします。

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    Cloneの参照元はSpotLightダイヤルの中心オレンジ色の円です。

    このブラシモードを止めるには、もう一度Cloneアイコンをクリックします。

     

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    28:Smudge

    テクスチャをぼかすことが出来ます。

     

     

    全体をぼかすにはSmudgeアイコンを時計回りにクリック&ドラッグします。

    一気にやるとボックス状のブラーがかかります。

    moco
    透過した画像など、画像の端のほうに絵がないテクスチャは 輪郭はぼけないようです

     

    ブラシを使用して部分的にぼかす

    Smudgeアイコンをクリックしペイントします。

     

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    このブラシモードを止めるには、もう一度Smudgeアイコンをクリックします。

     

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    29:Contrast

    テクスチャのコントラストを調整します。

     

     

    全体のコントラストを調整するにはContrastアイコンをクリック&ドラッグします。

    • 時計回り:コントラストを上げる
    • 反時計回り:コントラストを下げる

     

    ブラシを使用して部分的にコントラストを調整する

    Contrastアイコンをクリックしペイントします。

     

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    コントラストを下げるにはALTを押しながらペイントします。

    このブラシモードを止めるには、もう一度Contrastアイコンをクリックします。

     

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    30:Saturation

    テクスチャの彩度を調整します。

     

     

    全体の彩度を調整するにはSaturationアイコンをクリック&ドラッグします。

    • 時計回り:コントラストを上げる
    • 反時計回り:コントラストを下げる

     

    ブラシを使用して部分的に彩度を調整する

    Saturationアイコンをクリックしペイントします。

     

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    彩度を下げるにはALTを押しながらペイントします。

    このブラシモードを止めるには、もう一度Saturationアイコンをクリックします。

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    31. Hue

    テクスチャの色相を調整します。

     

     

    全体の彩度を調整するにはHueアイコンを時計回りにクリック&ドラッグ。

     

    ブラシを使用して部分的に色相を調整する

    Hueアイコンをクリックしペイントします。

     

    moco
    ブラシの場合、色相の変化というよりはMainカラーでの着色しか出来ないため、 どのように色相が変わるかは不明です

     

    このブラシモードを止めるには、もう一度Hueアイコンをクリックします。

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    32:Intensity

    テクスチャの輝度を調整します。

     

     

    全体の輝度を調整するにはIntensityアイコンをクリック&ドラッグします。

    • 時計回り:輝度を上げる
    • 反時計回り:輝度を下げる

     

     

     テクスチャの一部又は全体の輝度が下がりきって真っ黒になった場合は、その部分は透明になります

     

     

    ブラシを使用して部分的に輝度を調整する

    Intensityアイコンをクリックしペイントします。

     

     

    ブラシの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

    輝度を下げるにはALTを押しながらペイントします。

    このブラシモードを止めるには、もう一度Intensityアイコンをクリックします。

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    33. Paint

    カラーのストロークをペイント、テクスチャの一部又は全体を選択したカラーでペイント出来ます。

    Paintアイコンが選択されている間、ブラシモードになります。

    SpotLightにロードした画像をクリック、選択したテクスチャに描くことが出来ます。

     

     

    ペイントする色はColorパレットのMain Color、ALTキーを押すことでsecondary Colorに切り替えることが出来ます。

    カラーの強度はRGB Intensityスライダーで調整。

     

     

    テクスチャの一部又は全体を塗りつぶすことも可能です。

    全体を塗りつぶす方法

    テクスチャを選択し、Paintアイコンをクリック&ドラッグします。

     

     

    • 時計回り:main colorで塗りつぶす
    • 反時計回り:secondary colorで塗りつぶす

     

    テクスチャの一部塗りつぶす方法

    Paintアイコンをクリックして、プラシの状態で塗りつぶしたい箇所をCtrlキーを押しながら、クリック&ドラッグ

     

     

    ドラッグすればするほど塗りつぶしのエリアが広がっていくので、希望する箇所が塗りつぶれるまでドラッグしてください。

     

     

     ブラシサイズによって塗りつぶし領域のディテールは変化します。

    小さいブラシほどより細かな境目を検知して塗りつぶします。

     

     

    望まないエリアまで色を塗りつぶしてしまった場合、ドラッグの方向を逆にし、スタート位置に戻ることが出来ます。スタート位置にドラッグして戻ることによって改めての望むエリアを塗りつぶすことが出来ます。

     

     

    マウスボタンを離すと、塗りつぶしはストップするため、このドラッグを繰り返して、好きな色でテクスチャの他の部分を塗りつぶすことが出来ます。

     

     

    アウトラインの作成も可能

    塗りつぶしの間、Shiftを押すと塗りつぶしている領域の周りを若干縮小することが出来ます。

     

     

    この機能を利用してアウトラインを作成することも可能です。

     

     1回のストロークで必要なエリアを塗りつぶすことができない場合

    短いドラッグ操作を繰り返すことで、より複雑な画像の塗りつぶしを実行することが出来ます

     

     

    塗りつぶしたカラーを別の色に差し替えたい!
    Paintアイコンをクリック後、差し替えたい色の上でCTRLを押したままクリック&ドラッグする。

    main colorに、ALTを押しながらクリック&ドラッグするとsecondary colorに差し替えることが出来ます。
    テクスチャを透過させるには?
    真っ黒でペイント又は塗りつぶすことでどんなテクスチャも透明にすることができます
    透明になっても透明なエリアは画像から削除されたわけではありません。その透明なエリアに再び色をつけることが出来ます。

    このブラシモードを止めるには、もう一度Paintアイコンをクリックします。

     

     

    Restore機能で元に戻すことが出来ます。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事