ZBrush-NanoMesh(ナノメッシュ)でトピアリーを作ろう

トピアリーの作成方法のご紹介です。トピアリーとは公園や庭園で見かける植物が動物やデザインチックに刈り込まれた造形物のことを指しています。

 

興味深い動画を見かけたため実際やってみました。

  • 作り方は?

という方に向けて。

 

この記事では

トピアリー制作工程

参考動画

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • ナノメッシュと仲良くなりたい人
 検証バージョンはZBrush2021.7

 

関連記事知っておきたいNanoMesh

スポンサーリンク

参考動画

Joseph 氏のナノメッシュの使用方法を解説した動画。

【事前準備】素材の用意

今回はトピアリーに使う植物のデータ配置するためのベースメッシュが必要です。

植物データ

Planeにテクスチャを貼ります。

Planeを用意します

イニシャライズでPlaneを作成・UVを作成するか、Plane3Dを使用するか方法は問いません。

とにかくUVがついていればOKです。私は初めからUVがついているPlane3Dを使用して作成しました

 

■今回用意したPlane

1データをDuplicate、同じポリゴン数のデータをナノメッシュブラシ化した際に、同一メッシュに複数のナノメッシュ適用時にテクスチャが更新されない不具合が起こりました。

moco
参考動画内でもそのあたり解説されていたのかもしれませんが、残念な英語力の私は完全に漏らしておりました

 

植物テクスチャ

参考動画では植物データをJoseph 氏が自ら撮影トリミングしたデータを使用して解説していましたが、今回はフリーの素材をお借りして作成します。

 

参考葉っぱのフリー素材DLサイト

https://www.cgbookcase.com/

50 free foliage textures

Texture.com

Planeにテクスチャを貼り透過させたら準備完了です。

ベースメッシュ

ベースメッシュは適当に用意します。

今回はLightBox内にあったZeeZooフォルダからウサギの形状を読み込んで、AdaptiveSkinでメッシュ化>Dynameshで調整>ZRemesherでメッシュをポリゴンを減らした形状を用意しました。

関連記事

トピアリー制作

  1. 葉っぱや花をNanoMeshブラシ化
  2. ナノメッシュを挿入
  3. NanoMeshで調整
  4. 別の葉っぱを追加
  5. 2~4を繰り返して完成

1.葉っぱや花をNanoMeshブラシ化

Nanomeshブラシの作り方はNanoMeshの基本操作でまとめているので省略。
インサートマルチメッシュ化してナノメッシュブラシに変換します。

2.ナノメッシュを挿入

ZmodelerのポリゴンアクションTargetをAll polygonに。

ナノメッシュ挿入。

3.NanoMeshで調整

Tool>NanoMeshでパラメーターを調整

何だったらUIを日本語化して項目を確認して見ても良いかもしれません。

 

今回私が使ったのはこのあたり。

関連記事こちらの記事でも使い方のご紹介

4.別の葉っぱを追加

NanoMeshブラシから次に挿入したいブラシを選択、挿入を開始してからSHIFTキーを押します。

そして再び調整します。別のナノメッシュを追加するとIndexが追加されるのが確認できます。

ココを行き来することでナノメッシュの再調整も可能です。

Q.先に挿入していた葉っぱと混ざって見難い

Hide OthersをON

現在調整中のナノメッシュのみが表示されます

Q.配置に使っているベースを非表示にしたい

ShowPlaceMentをOFF

5.2~4を繰り返して完成

必要あらばメッシュ化して目立つめり込みを回避して下さい。

ただ性質上これだけ複雑に配置したメッシュの全てのめり込み回避は出来ないものと思っておいた方が良いかと思います。

 

■ハートもナノメッシュ

 

関連記事メッシュ化の際にUV注意

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事