オンライン学習のプラットフォームUdemyにてZBrushのコースを受講中。
キャラクターのベースメッシュを作成しています。

ここではスカルプトしたメッシュをZRemesherを使ってリメッシュしています

 

UdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズ

Udemyで購入したEsculpido Orgánico Digital con ZBrushというコースの受講の過程を紹介しています。
その過程でわからなかったことやZBrushの機能についても調べていますので合わせてどうぞ

UdemyでZBrushコースを購入してみた1
Udemyについて。特徴やおすすめしたいポイント
UdemyでZBrushコースを購入してみた2
Esculpido Orgánico Digital con ZBrushのセクション1~5のコース46まで。
InsertMeshやZSpehere、3DLayer、ShodowBox,ZModelerについて調べました
UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~
インサートメッシュとGizmo3Dを利用した全身のパーツ作成
UdemyでZBrushコースを購入してみた4~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作2~
全身の調整工程
UdemyでZBrushコースを購入してみた5~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作3~
手のパーツの追加とスカルプト工程。Damstandardブラシについて
UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
Dynameshで作成したベースメッシュのリメッシュを行っています。Dynameshとガイドカーブを利用しています
UdemyでZBrushコースを購入してみた7~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作5~
イメージビューアPureRefについて。顔のスカルプト
UdemyでZBrushコースを購入してみた8~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作6~ 
ZRemesher
による顔のリメッシュとExtractやClipBrushを使用した眉毛などの作成

UdemyでZBrushコースを購入してみた9~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作7~ New!
ExtractやZSphere、カーブブラシを使った髪の毛の作成(予定)

 

随時更新していきます

スポンサーリンク

セクション6 Ejercicio de esculpido 2 Base humana toon femenina

52を受講中です。51ではZRmesherでリトポをする過程を学びます。

このセクション最後のコンテンツです

前回

手のパーツまで作成。本体に結合までしました

51の大まかな流れ

  1. Dynameshとガイドカーブについての解説。
    スペイン語ゆえ全く理解できないので別途調べました
  2. 元データを取っておくためにToolを複製。
  3. ガイドカーブを描く
  4. ZBremsherのUsePolypaintを使ってトポロジーの密度を調整
  5. ベースメッシュの完成

 

 

進捗7 18/01/25 ガイドカーブを引く

上記流れの~3までやりました

ZRemesherガイドカーブを描く

まずはそのままZRemeshします

 

トポロジーの流れを案内するためのガイドカーブを引きます。

 

  1. ZRemesherガイドブラシ(B>Z>R)を選択
  2. 顔の顎~首に
  3. 腕周り
    Shift+ドラッグでエッジループ状態でガイドカーブをひけます
  4. 胸、おしり、足にも同様にガイドカーブを引きます
  5. Curve Strengthを100してZRemesh

     
    Curve Strengthを100にした場合に限り、リメッシュ結果がガイドカーブを描いた箇所を堺にポリグループが分かれます

 

全体的に均等にメッシュが配分されているのが確認できたら、CTRL+Zでリメッシュ前の状態に戻します

進捗8 18/01/29 UsePolyPaintで密度の調整

ZBremsherのUsePolypaint機能を使ってトポロジーの密度を調整します。

■UsePolypaintについてはこちらで解説してます

ポリグループの調整と単一グループ化

ガイドカーブを描いたところでポリグループが分かれてしまっているため。

ポリゴンのグロー表示(CTRL+SHIFT+X)などやAutoGroup(CTRL+W)を使用して

腕・足を1ポリグループにまとめる

■参考:ZBrush 逆引きTips :表示の拡大/縮小

 

これでベースメッシュの完成です

ベースメッシュの完成でセクション6は終了

今回でこのセッションが終わり、次回からは実際にキャラクターのスカルプトレクチャーに入るようです。

いよいよキャラ作りの本格始動ですね

 

Udemyには日本語のZBrushコースもあります!

Udemyには日本語のZBrushコースもあるので、ZBrush初めての方はこちらからどうぞ

Udemyってそもそも何よ?という方はこちらをどうぞ

 

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事