ZBrush-ZModeler(Zモデラー)のアクションのリピート機能とマスキングについて

ZModelerの特性、Actionのリピート機能とマスキング機能についてご紹介します。

 

この特性を理解しておけば作業時のアプローチ方法が広がるのでぜひとも覚えておいてください。

 

 検証バージョンはZBrush4R8

 

参考

Replay the Action | ZBrush Docs

スポンサーリンク

ActionのRepeat機能

ZModelerブラシは最後に行ったActionとその設定を保持しています。

 

 

そのため、モデルの別の場所をクリックまたは別のTargetを選択すると、直近の操作を瞬時に再現することができます。

 

Actionごとに設定やパラメータを保存しているので、ポリゴンアクションからエッジアクションに切り替え、再びポリゴンアクションに戻っても最後に実行した設定はそのまま残っているというわけですね。

演習

実際にどういうことかやってみましょう

  1. シンプルなplaneを用意。
  2. Polygon Actionから Extrude
    TargetはA Single Poly

  3. グリッド上の他のポリゴンをクリックして、同じアクションを適用します。
  4. Polygon ActionからDeleteを選択。各部分の一番上のポリゴンを削除
  5. Edge ActionからBridgeを選択。
    TargetはTwo Hole
    1つ目の穴をクリックし、次に他の穴をクリック&ドラッグするとアーチが出来ます。
  6. そのままEdgeアクションの状態で2つの穴を選択すると同じ設定で同じブリッジを再現することが出来ます

MASKING

ZModelerブラシはモデル上のマスクの影響を受けます。

 

マスクされたPiont、Edge、またはPolygonはActionの影響をうけません。

標準のホットキー(Ctrl)を使用して一時的に現在のMaskブラシに変更することもできます。

ZModelerブラシでは、ターゲットポイント、エッジ、ポリゴンに基づいたクイックマスクの影響を受けます。

 

 

 マスキングをする場合は、トポロジの頂点に基づいていることに注意してください(PolyPaintingの色付けと同じ)。 解像度が非常に低いモデルでは、マスクを視覚化するのが難しい場合があります。

 

Tool>Maskingサブパレットにあるすべてのマスキング機能はZModelerで動作します。

スポンサーリンク

おまけ:ポリゴンの法線の向きに注意!

Repeat機能を検証した際にこんな挙動になりました。

結論から言うと法線がひっくり返っていたことによるエラー

 

今回このデモをやるにあたりQGridから始めたのですがどうやらこれがよろしくなかった模様。

 

Tool>Dsplay Properties>DoubleのOFFで両面表示をなくし、同プロパティのFlipで法線を反転させたら正常な動作に戻りました。

気づくのに時間がかかりました。

まとめ

クリックすることで直近のアクションがリピート適用可

マスキングした所はロックされてZmodelerの操作を受け付けない

 

今回はこの2点をご紹介しました。

リピート機能はシンメトリが使えない箇所などに有効でし、マスキング機能はターゲットを上手く使えばZmodelerでのトポロジー調整に役に立ちます。

 

活用していきましょう!

Zmodeler関連記事

Zmodelerおすすめの書籍!!

Zmodelerに特化しており、何度と繰り返し演習するので非常にわかりやすいです。Zmodelerを知りたければこちら。


他Zmodeler記事

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事