こちらの書評を読んで気になったのでメモ

スポンサーリンク

エラスティックリーダーシップとは

本書は「エラスティックリーダーシップ」というリーダーシップモデルをもとに、チームを学習する力のある自己組織化された状態へと育てる方法を解説します。
リーダーシップのスタイルをどのように使い分けるべきか。チームに学習することを学ばせるための時間の使い方とは。メンバーが真のコミットメントを示すための言葉遣いとは――。チームをより良くする実践的なヒントが詰まっており、チームリーダーやマネージャーだけでなく、チームで成果に取り組むすべての人におくる一冊です。

リーダーシップとひとくくりにしてしまうところ、この書籍では3種のリーダーシップ(サバイバルフェーズ、学習フェーズ、自己組織化フェーズ)のスタイルを紹介しているとのこと。

 

  • チームの状況がカツカツな状況の時にどうすべきか
  • 余裕のある時にチームをどう成長させるか
  • チームが問題に対して自己解決できるようにどう働きかけるか

 

といった話をもとにチームをよりよくしていく話が記載されているとのこと。

 

巻末の日本人コラムが面白いそうで

最近、新人教育等々に頭を悩ませることが多くなってきたのでぜひとも一読してみたいですね

 

おすすめの記事