リファレンス画像を簡単高速表示!イメージビューア「PureRef」を使ってみる

UdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズの続きを進めていた所、リファレンス画像の表示にこのPureRefツールが利用されていたので調べてみました。

結構昔からある有名なイメージビューアツールなんですね。

今は公式のドキュメント順に記載していますが、追々近しい機能がわかるように並び替えたいと思います

 

■制作に役立つフリーツールまとめ

制作現場で使用しているおすすめフリーソフト8選!
2018.2.1
実際制作時に使っているフリーソフトのご紹介。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsb...

 

スポンサーリンク

PureRefについて

モデリングやイラスト、アニメーションのポージングに至るまで、様々な場面でリファレンスの画像を表示する機会は多いかと思います。

そのリファレンス画像を複数枚表示可能、簡単かつ高速に表示できるイメージビューアです。

モデラーやイラストレーターアニメーターの強い味方ですね!

 

公式ページはこちら

対応OS

 WindowsMac ,Linux.

対応ファイル形式

大抵の形式はサポートされていますね!

BMP DDS GIF ICNS
ICO JPEG JP2 MNG
PBM PGM PNG PNM
PPM PSD TIFF WEBP
XBM XPM TGA(TrueVision 2.0)

 

出来ること

  • 画像の追加、複数表示
  • 画像の簡単な編集(不透明度を変えたり、画像を反転させたりなどなど)
  • リファレンス画像の保存(いちいち配置しなおさなくて良いので便利ですね)
  • ショートカットの変更

 

など。とにかく多機能です。

PureRefに読み込んだ時点で画像はキャッシュ保存されているのが、元データを削除しても表示されたままです。

    ダウンロード

    公式ページのDownloadから。

    PureRefはドネーションウェア

    俗にいうカンパウェアと言うもので、フリーウェアのように無償で全機能を使えますが、良かったら寄付してねというタイプのツールです。

    デフォルトで5ドル(PayPal支払)になってます。ここを0にしてもダウンロード可能です。

     

    PureRefの構成

    • ウィンドウの中にキャンバスというリファレンス画像を配置するためのエリアで構成されています

    • シーンは、リファレンス画像の配置情報を指します。(.pur)
    • 画像は1枚又はドラッグ複数選択することが出来ます。

    最低限知っておけば良さそうな機能

    基本的に右クリックで全メニューが出てきます

    ウィンドウ操作

    • 右クリック&ドラッグ:ウィンドウの移動
    • 中ボタン(ALT+左ドラッグ):キャンバスの移動

    画像操作

    • キャンバス内にドラッグ&ドロップ:画像の追加
    • CTRL+ALT+左ドラッグ:選択画像のスケール
    • Z+左ドラッグ:選択画像のズーム
    • CTRL+SHIFT+T:トランスフォームのリセット
    • CTRL+P:画像の整列
    • CTRL+-/+:ウィンドウの不透明度の変更
    • CTRL+Y:オーバーレイモード(画像のみの表示になる)

    画像のクロップ

    • C+左ドラッグ:画像のクロップ
    • V+左ドラッグ:クロップした画像内でのPAN
    • SHIFT+V+左ドラッグ:クロップした画像内でのズーム

    使い方

    Actions

    は非選択の場合はウィンドウ内にある全ての画像にその効果が適用されます。また選択した画像にのみ適用することも出来ます。

    Align系のコマンドは画像が重ならないように配置してから実行しないと、うまく結果が出ません

    About PureRefについて。バージョンの確認など Ctrl+J
    Help ヘルプ Ctrl+H
    Settings 設定(ショートカットやカスタムカラーの設定が出来る) Ctrl+U
    Undo 取り消し Ctrl+Z
    Redo やり直し Ctrl+Shift+Z
    Copy  選択画像のコピー(CTRL+Vでペースト) Ctrl+C
    Paste 選択画像ペースト(CTRL+Cでコピー) Ctrl+V
    Note メモ(2バイト不可) Ctrl+N
    Transparent To Mouse マウスを透過:ウィンドウそのままに背面の他のツールの操作が可能。

    解除する場合は、タスクバーにあるPureRefのアイコンを選択してCTRL+TかPureRefのアイコンをマウスオーバーすると出てくるポップアップの矢印でON/OFFする

    Ctrl+T
    Overlay Selection オーバーレイモード:画像のみの表示になる。その際の画像の追加は既に表示されている画像にドラッグ&ドロップするか、CTRL+Iでイメージのロードを行う

    Ctrl+Y
    Always On Top 最前面にウィンドウを配置 Ctrl+Shift+A
    Always On Bottom 最背面にウィンドウを配置 Ctrl+Shift+B
    Maximize 最大化(フルスクリーン) Ctrl+F
    Minimize 最小化 Ctrl+M
    Resize To Selection 選択した画像に合わせてウィンドウがリサイズ Ctrl+Shift+R
    Lock Window ウィンドウのロック (キャンバスは可動できます) Ctrl+W
    Optimize Canvas 配置画像に合わせてキャンバスを最適化 Ctrl+O
    Reset Camera カメラのリセット Ctrl+G
    Reset Camera Zoom カメラのズームのリセット Ctrl+Shift+G
    Lock Canvas キャンバスのロック(配置された画像が固定されます) Ctrl+R
    Grayscale キャンバス内の画像を全てグレイスケール化 Ctrl+Alt+G
    Clear Canvas キャンバスをクリア(まっさら)にする Ctrl+K
    Select All キャンバス内の全ての画像を選択 Ctrl+A
    Reset Cropping クロップのリセット Ctrl+Shift+C
    Reset Transform トランスフォームのリセット Ctrl+Shift+T
    Open Source ファイルがある場所を開く(既に削除した場合は警告が出る)
    Ctrl+Shift+O
    Toggle Bilinear Sampling バイリニアサンプルをかける(ジャギーが滑らかになる) Alt+T
    Toggle Grayscale 選択した画像をグレイスケール化 Alt+G
    Send To Back 選択アイテムを背面に Down
    Send To Front 選択アイテムを前面に Up
    Delete 削除 Del
    Arrange Optimal 画像の整列 Ctrl+P
    Arrange By Name 名前による整列 Ctrl+Alt+N
    Arrange By Addition 追加順による整列 Ctrl+Alt+A
    Align Left 画像の左揃え Ctrl+Left
    Align Right 画像の右揃え Ctrl+Right
    Align Top 画像の上揃え Ctrl+Up
    Align Bottom 画像の下揃え Ctrl+Down
    Stack 画像を重ねる Ctrl+Alt+S
    Export All Images リファレンスに使用していた画像のエクスポート Ctrl+Alt+I
    Close PureRefを閉じる Ctrl+X
    Decrease Master Opacity ウィンドウ全体の不透明度を下げる Ctrl+-
    Increase Master Opacity ウィンドウ全体の不透明度を上げる Ctrl++
    Normalize Height 画像の高さを揃える Ctrl+Alt+Left
    Load シーンのロード Ctrl+L
    Load Images 画像のロード Ctrl+I
    Load Most Recent 最近開いたシーンのロード Ctrl+Shift+L
    Pack All And Optimize 画像の整列しキャンバスサイズを画像に合わせる Ctrl+Shift+P
    Preset Custom1 設定したカスタムカラーの適用 Alt+4
    Preset Custom2 設定したカスタムカラーの適用 Alt+5
    Preset Custom3 設定したカスタムカラーの適用 Alt+6
    Preset Custom4 設定したカスタムカラーの適用 Alt+7
    Preset Dark ダークカラーのプリセット(初期設定) Alt+1
    Preset Light ライトカラーのプリセット(明るい灰色) Alt+2
    Preset Glass ガラスカラーのプリセット(キャンバスとウィンドウが透明) Alt+3
    Save シーンの保存 Ctrl+S
    Save As シーンの別名保存 Ctrl+Shift+S
    Export Scene シーンのエクスポート(リファレンス画像と配置情報を維持したまま画像出力) Ctrl+E
    Export Selected Images 選択したリファレンス画像をエクスポート Ctrl+Shift+I
    Normalize Size  ???(Normalize Width:画像の横幅を揃えるとの違いが不明) Ctrl+Alt+Up
    Normalize Width 画像の横幅を揃える Ctrl+Alt+Right

     

    Controls

    Axis Snapped Move Item 画像の縦横軸に制限をかけて移動 Left MB + Shift
    Change Opacity ドラッグすることで不透明度を変化させる Left MB + Ctrl+Alt+Shift
    Continuous Select 画像の追加選択 Left MB + Shift
    Crop Selection ドラッグして指定したエリアをプロップする。クロップの解除はCTRL+SHIFT+C

    Left MB + C
    Flip 画像の反転。左右に軽くドラッグすれば左右反転。上下にドラッグ軽くドラッグすれば反転。 Left MB + Alt+Shift
    Focus Image 選択したが画像にフォーカス(選択した画像がウィンドウいっぱいになる)ダブルクリックでも可 Space
    Focus Next Image 順送りに画像がフォーカスされる Right
    Focus Previous Image 逆順送りに画像がフォーカスされる Left
    Move Item アイテム(画像やメモ)の移動 Left MB
    Neighbour Snapped Move Item 近くのアイテム(画像やメモ)にスナップしながら移動 Left MB + Shift+Space
    Pan キャンバスのパン Left MB + Alt
    Pan キャンバスのパン Middle MB
    Pan (While Locked) ウィンドウロック時のキャンバスのパン。上記中ボタンやALT+ドラッグでも出来ました Left MB
    Pan (While Maximized) ウィンド最大化時のキャンバスのパン。上記中ボタンやALT+ドラッグでも出来ました。ただし、左ドラッグは使えません Right MB
    Pan Cropping クロップした画像内でのパン

    Left MB + V
    Rotate 選択画像の回転 Left MB + Ctrl
    Scale 選択画像のスケール Left MB + Ctrl+Alt
    Select Items アイテムの選択 Left MB
    Show Color Code クリックした箇所のカラーコードを表示 Left MB + S
    Show Image Coordinate クリックした箇所の座標位置を表示 Left MB + D
    Snapped Rotate 回転のスナップ(デフォルトでは45°) Left MB + Ctrl+Shift
    Zoom ズーム Left MB + Z
    Zoom Cropping クロップした画像内でのズーム Left MB + Shift+V

     

    System

    Move Window ウィンドウを移動 Right MB
    Open Context Menu メニューを開く Right MB
    Resize Window ウィンドウのリサイズ:ウィンドウの枠をドラッグすることでサイズを任意に変更できる Left MB

     

    まとめ

    時間を見つけてもう少し補足していく予定です
    若干起動に間がありますが、これだけの多機能のイメージビューアはなかなか無いので制作のお供にぜひともどうぞ!

    コメントを残す

    13 + 9 =

    関連キーワード
    • リファレンス画像を簡単高速表示!イメージビューア「PureRef」を使ってみる
    • 制作物には要注意。商用利用可能なフォント
    • おすすめフリーフォント
    • Adobe 製品の代替品~Photoshop->GIMP
    • Adobe 製品の代替品~Illustrator->Inkscape
    • 制作現場で使用しているおすすめフリーソフト8選!
    おすすめの記事
    ZBrush-SpotLightを使ってみる
    ZBrush
    使えそうでつかってなかったSpotlightを使ってみようかと。 リファレンス画像として利用するなら他にも色々あります>ZBrush-リファ...