Photoshop-テクスチャ仕事でよく使う機能とショートカット

ここでは私が仕事(主にテクスチャ描き)でよく使う機能のご紹介します。

 

 使用バージョンはAdobeCC2019です

 

関連記事シンメトリー機能が熱い

スポンサーリンク

テクスチャサイズは2のべき乗

2 の n 乗。コンピュータの処理効率が良い数字です。

そして72dpi

24  = 16   29  = 512
25  = 32   210  = 1024
26  = 64   211  = 2048
27  = 128   212  = 4096
28  = 256   213  = 8192

 

オンラインゲーム会社にいた頃は正方形で作成するのが必須でしたが、映像系の今は問われないことが多いです。とはいえ、ZBrushから出力するにしてもMayaやmax等で出力するにしても正方形が何かと便利なので、特に指定がない限りは正方形で作成しています

ショートカット

ショートカットしか知らないので、機能の名前を知らないものが多いです

CTRL+SHIFT+ALT+E

表示しているレイヤーを統合し、新規レイヤーに生成する

CTRL+J

  • 選択しているレイヤーを複製(CTRL+ALT+Jだとプロパティが出ての複製)。
  • または選択範囲を複製

ALT+I+I(Iを2回)又はALT+CTRL+I

解像度変更

ALT+CTRL+C

カンバスサイズ変更

CTRL+M

トーンカーブ

スポンサーリンク

小ネタ

テクスチャ作成の際によく使っています。

雲模様いろいろ

ALT+雲模様

スクロール可能な雲模様を生成
UVスクロールしたいなどのデータ作成に便利

CTRL+ALT+雲模様

コントラストの高い雲模様を生成

境界線でゴミデータを探す

レイヤースタイル>境界線

半透明で見えないぐらいのゴミデータを見つけるのに便利。
透過マップつきのデータを作成する際に使う

同じウィンドウを並べる

ウィンドウ>アレンジ>(ファイル名)の新規ウィンドウ
ウィンドウ>アレンジ>全てを左右に並べる

全体を見つつ、一部分を描くことが出来る

レイヤースタイルのコピー&ペースト

ALT+レイヤー右のfixマークをドラッグ、適用したいレイヤーにドロップ

 

ループテクスチャ(シームレステクスチャ)の作り方

フィルタ>その他>スクロール
  1. スクロールでテクスチャの解像度の半分サイズを指定し適用
  2. 中心部に発生するズレを補正・修正
  3. 再びスクロール
512×512テクスチャの場合の設定

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事