3dsMax-tipsの続き。モーションパスまわりについて。
ver.2015です

スポンサーリンク

モーションパス作成

軌跡やArcの確認のために必要な機能。
基点に対して生成されてしまうので、武器とかプロップなどにはダミーを先端にリンクして作成したりすると何かと使い勝手がいいです

モーションパスからスプラインを作成

オブジェクトを選んで

motionパネル>Trajectories>Spline Conversion>Convert To

おまけ:オブジェクトからスプラインを抽出

抽出したいエッジを選択

Modifyパネル>Edit Edges>Create Shape

抽出したスプラインやカーブに沿ってオブジェクトをアニメーションさせることができる!

よく使っていた用法ですね。体に何かを這わせたいときとか。

  1. オブジェクトを選択
  2. Animation>Constraints>Path Constraintを選択
  3. スプラインを選択

使ったことはないのですが任意のパスをオブジェクトにフィットさせるフリープラグインもあります

よく使ってたフリースクリプト・プラグインについてはこちら

制作現場からおすすめする!フリースクリプト 3dsMax編
2018.2.4
私の中ではバーションが2015付近で止まっているので、もしかしたら標準機能で実装されているものあるかもしれないです (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
コメントを残す

17 + 8 =

関連キーワード
3dsMaxの関連記事
  • UV展開ツール Roadkill UV Toolの使い方
  • 制作現場からおすすめする!フリースクリプト 3dsMax編
  • 3dsMax-tips モーションパス
  • 3dsMax-tips
  • インパクト大!bipedにスケールをかける方法
  • 3dsmax-CATセットアップ
おすすめの記事