ZBrush-ディテールの強調と調整!Contrast(コントラスト)機能とContrastブラシ2種

スカルプトのディテールを強調するContrast機能Contrastブラシをご紹介します。

 

こちらZBrush2021.5のアップデートで追加された新しい機能で、スカルプトした箇所のしディテールを強調するのはもちろんのこと、逆にディテールをぼかすことも出来ます。

 

  • 何処にあるの?
  • どうやって使うの?

という方に向けて

 

    この記事では

    全体にコントラストを追加するContrast

    部分的にコントラストを追加するContrastブラシ

    をまとめています。

     

    この記事がおすすめな人
    • ディテールを強調したい人
     検証に使用したバージョンはZBrush2021.5

     

    参考

    Contrast| ZBrush Docs

    スポンサーリンク

    Contrast機能

    Tool>Deformation>Contrastスライダー

    こちらはモデル全体に対してコントラストを追加します。

    随分とDeformationが増えてまして、、大分下の方ですね。

    スライダーを+にするとディテールを強調し、-値にするとディテールがボケます。

    Contrastブラシ

    コントラストブラシはContrast TargetContrast Delta2種類あります。

    いずれもストロークした部分にのみ効果を適用できます。

    Contrast Target

    ブラシでストロークした所のコントラストを強調します。

    ALTを押すとコントラストが削除されディテールが甘くなっていきます。

     

    Brush > Modifiers> Brush Modifierでコントラスト具合を調整出来ます。

    デフォルトは25。-値にするとALTを押さずともストロークした部分がボケます。

    Contrast Delta

    ブラシでストロークした所のコントラストを制限なく強調し続けます。

     

    このブラシを使用している限り、コントラストを追加し続けます。

    ALTを押すとコントラストが削除されディテールが甘くなっていきます。

    ZBrush2021.5も楽しみですね

    他にも様々な機能が追加されている今回のバージョンアップ。

    さわっていきたいと思います

    ZBrush関連アイテム&書籍

    日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

     

    注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

     

    関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

    関連記事動画で学びたいならこちら

    ZBrushCore超入門講座 シリーズ

    Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

    基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


     


     

    関連記事実際にやった感想

    ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

     

    そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

    2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

    作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

    タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

    また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



    Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

    作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

    「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

    Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

    関連記事実際にやった感想

     

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事