Maya-連番テクスチャが表示されない時の対処方法

ここではテクスチャ単体では表示されるものの連番で表示されなかった際の対処方法をご紹介します。

 

今回AfterEffetctsでアニメーションさせたテクスチャを使用したい際、Maya上で、テクスチャ単体で表示できるのにUse Image Sequenceにチェックを入れた途端テクスチャが表示されなくなってしまいました。

 

結果的にはAfterEffectsの出力時の設定を修正することで解決しました。

 

 検証はMaya2018
スポンサーリンク

エラーの状況

  1. AfterEffectsでアルファ付きのアニメーションしたテクチャを作成
  2. MayaでLambertを適用し、テクスチャデータを読み込む→正常に表示される
  3. Use Image Sequenceにチェックを入れる→テクスチャが表示されない

1.テクスチャ

今回用意したテクスチャはこちら。

こんな感じでAE上でアニメーションさせ、PNGシーケンスで出力しています

関連記事この素材の作り方

2.Maya上でマテリアル適用、テクスチャを読みこむ

正常に表示されます。

3.Use Image Sequenceにチェックを入れる

テクスチャが表示されなくなってしまいました

解決は#4つ

AfterEffectsの出力時に連番の桁を示す♯が5つあったことが原因でした。

修正方法

  1. 出力先の▼>カスタムを選択します。
  2. ファイル名テンプレートの#が5つあるところを4つに減らします。
  3. そして連番を出力します。
  4. 修正した連番ファイルを読み込みなおすとちゃんと表示されます

まとめ

AfterEffectsのデフォルトの設定がそうなのか、業務の中で改変してしまったのかはわかりませんが、私の環境では出力設定が#5桁になっていたことが原因でした。

 

他の方法あればご教授頂ければ幸いです。

Mayaおすすめの書籍

基礎

伊藤電脳塾を書籍化したというこの本。ベーシックスというだけあって、基礎的な操作方法が網羅されており、Google検索で探しまわる手間を大分省いてくれます。

初心者もわかりやすく細かに解説されているので操作に迷うことはありません。

お手元に一冊どうぞ



リギング周り

 


 

■マヤ道

リグの実践的なノウハウを学ぶ前によみたい根本的なMayaの仕組みを理解することを目的とした本です。

初心者が躓きやすいポイントの解説もあります。Mayaユーザーなら1冊は持っておきたい良書です。何よりマンガで解説されているので、スッと入ってきやすい。

主人公(新人モデラー)の上司のつぶやきとして、セットアップ前のオブジェクトの不備についても触れられています。



■Mayaリギング 改訂版

実践的なリグの組み方を基本的なところからキャラリグまで学べる書籍です。

 

0ベースからリグを組み立てる工程をサンプルデータと共に解説しています。

リグを作成する際の具体的なルールやリグにおけるデフォーマーの使い方、ノードのつなぎ方、ドリブンキーの使用etc、実制作を通して丁寧に解説されています。

アニメーション


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事