ZBrush-ストロークのモーフィング!Interpolate(補間)の使い方

1番目と2番目ストロークをモーフィングするように補完、ストロークのパターンを作成できるInterpolateのご紹介です。2021.7で追加されたこちらの機能。ディテール追加にも形状作成にも使えます。

 

  • 使い方は?

という方に向けて

 

この記事では

Interpolateの使い方

参考動画

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • モーフィングするようにストロークに変化をつけたい人
 検証バージョンはZBrush2021.7
 タグのZBrush2021にアクセスするとZBrush2021関連記事が全て表示されます

 

参考

Stroke Interpolate| ZBrush Docs - Pixologic

関連記事Strokeの機能色々

スポンサーリンク

Interpolate

Stroke>Interpolate(CTRL+SHIFT+1)

1番目ストロークと2番目の間を補完するようにストロークを生成します。通常のストロークは元よりIMMにも使えます。

Interpolateの使い方

  1. 1本目のストロークを描きます
  2. 2本目のストロークを描きます
  3. Strokes Countで必要なストローク間の数に設定します。
  4. Interpolateボタンを押します。

 

 カメラ操作やCTRL+Zにご注意!

1本目のストロークを描いた後、カメラをまわしてしまったり、2本目のストロークを描いてCTRL+Zをして描き直した際に、うまくInterpolateが反映されませんでした。

アングルを変えたり、2本目のストロークをやり直したい場合、1本目のストロークを書きなおす覚悟を持っていた方がよさそうです。回避方法があれば追記します

各設定

Interpolate

ストロークの補完をします。

中間のストロークを作成することができます。ストローク補間には2つのモードがあります。

オープンサークルとクローズサークルの違い

Interpolateボタンにあるサークルはクリックすることで切り替えられます。

デフォルトのクローズなサークルの場合

1ストローク目の2ストローク目にのサイズに差があった場合でも、間を均等に保ちます。

 

オープンなサークルの場合

ストロークの大きさに応じて、ストロークの間隔を広げます。

小さいストロークは大きいストロークよりも近い位置に配置されます。このモードは、IMMブラシを使用する際に特に便利です。

Stroke Count

補完時のストロークの数を定義します

面白い機能が追加されましたね

均一にビスをスカルプトしたい、Dynamesh+Stroke Countを増やして巻き込んだような複雑な形状も作成できそうですね。

 

ただし、異なるIMM同士では形状がモーフィングされることが無いのでご注意下さい。

 

これから2021.7の機能を触っていきたいと思います。

 

 タグのZBrush2021にアクセスするとZBrush2021関連記事が全て表示されます

参考動画

2021.7の新機能デモでその機能と使い方が解説されています。

希崎葵(@kizakiaoi)氏の素敵翻訳も必見!

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事