Autodesk Maya ウェビナー「Autodesk Maya パーフェクトリギング ウェビナー Part 1&2 」を受講していた際に、講師のMORIE Inc.の方がおすすめされていた&ウェビナー内でも使用していたAdvanced Skeletonというプラグインについて調べてみました。

 

 

まずは基本的なライセンスの情報とインストールについて。

ドキュメントを含む使い方については、次回以降まとめて行きたいとおもいます。

 

 

Autodeskのウェビナー

Advanced Skeletonの具体的な設定なども解説されているウェビナーです。
配信は2018年8月31日までの限定配信のため、見たい方はお早めに登録を!

 

 

 

スポンサーリンク

Advanced Skeletonとは

Animation Studiosという会社が提供しているリグ作成プラグインです。

 

人型はもちろん、3頭、5足、指100本など、多彩なボディ構成作成をすることが出来ます。

もちろん生き物だけでなく、小道具、乗り物など様々な用途に使用できます。

 

公式サイト

 

 

moco
ちなみにこの会社アニメーションやポーズをライブラリ化するプラグイン、Studio Libraryも提供して下さってる会社なんですね!素敵すぎでしょ!

 

 

ライセンスについて:商用利用は有料だけど買いきり!

基本的に自主制作で使用する分にはフリーで機能制限無しのフルバージョンが使用できます。

 

 

ただし商用利用の場合は商用利用のライセンス取得(購入)が必要なので購入ページからPayPalで購入するか、発売元に問い合わせて下さい。

 

 

使用者目的 費用
自主制作映画など・学生 フリー
商用利用(commercial license:会社単位) $ 3000USD
フリーランス(freelance license:個人単位) $ 750USD
教育機関(Non Profit:年間ライセンス) $ 750USD

 

商用ライセンスは会社単位の料金のため、その会社の席数・人数に関わらず、所属していればコピーを無制限に行うことが出来ます。(※ただし、出向で来ているようなフリーランスの方は所属とみなされないので別途ライセンスが必要です。)

 

 

しかも商用ライセンスに有効期限なし!

 

 

一度購入したらずっと使えるという素敵プラグインなんですね。

 

Advanced Skeletonの構造上の制限

  • Y軸up (Mayaのデフォルト)
  • ミラーリングは右から左に実行されます(ただし"noMirror"アトリビュートを使用してミラーリングをオフにすることはできます)
  • X軸がboneの下方向です(Unreal GameSkeletonなど、エクスポートプラットフォームに一致する機能を除く)

Advanced Skeletonのドキュメントについて

現在の最新のバージョン(バージョン4x以降)ではプラグインの各主要機能の隣に「?」マークで配置、ポップアップで表示されるようになっています。

moco
困った、、、画像だとGoogle翻訳に通しにくいぞ

 

 

関連情報コレを使うしかないか、、

 

 

他、現在はyoutubeに動画としてまとめられているようです。

 

moco
英語のヒアリング能力が絶望的な私にとっては動画オンリーはつらい

 

 

以前のバージョンでのドキュメントは別途公開されているようなので平行してみるのがいいのかもしれません。

 

Advanced Skeletonのインストール

ダウンロードページより最新のバージョンをダウンロードします。

 

 

 

現在の最新は5.490ですね。

 

 

ダウンロードするとこのようなデータが入っています。

インストール手順

  1. ダウンロードし、解凍して出来た「AdvancedSkeleton5」というフォルダを好きな場所におきます

    例:"C:/Users/(ユーザー名)/Documents/maya/scripts/AdvancedSkeleton5"
    ※他ユーザーと共有したい場合にはネットワークドライブに置きます。

  2. Mayaを起動し、AdvancedSkeleton5フォルダ内にある「install.mel」をビューポートにドラッグ&ドロップ
  3. AdvancedSkeleton5ツールが自動でシェルフに追加されます。
  4. インストールはコレでおしまいです。
    簡単ですねー!

 

 AdvancedSkeleton5のフォルダを移動させてからinstall.melを実行すること!

install.melを実行した時点で自動でフォルダまでのパスが通るので、あとから移動させてしまうと起動しません

まとめ

ウェビナーを見る限りリグ制作において様々な設定があるようなので、動画も平行して読み解いていきたいと思います。

コレを使いこなせれば、これからやりたいゲーム制作諸々に役に立ちそうです。

 

 

関連記事

おすすめの記事