【Maya】アニメーションレイヤーの簡単な使い方

アニメーションをレイヤーで管理するMayaの標準機能「アニメーションレイヤー」の簡単な使い方のご紹介です。


AnimationAidのアニメーション3のTA渡辺氏@yukwtnb47)とTA井上氏@inoue_naohiro)の放課後クラスより。

 

  • ベイクしてるのにベイクされない!?
  • フルフレームでキーをベイクしない方法は?

という方に向けて。

 

この記事では

アニメーションレイヤーの基本的な使い方

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • CGアニメーター
 検証に使用したバージョンはMaya2020。

 

関連記事AnimationAidのアニメーション3

スポンサーリンク

アニメーションレイヤー

元のアニメーションを保持したまま、シーン内に複数のアニメーションを作成してブレンドするための機能です。

使用場面としては

  • メインのモーションに+モーションを加えたい(ex:メインのアクションに息遣いを加える。モノをつかむ動きに震えを加える)
  • 全体的な配置や移動距離を調整したい

と言った場合に便利な機能です。

 

参考

アニメーション レイヤ | Maya 2020@Autodesk Lnowledge

 

関連記事全体の調整であればWorldBakeも

アニメーションレイヤーの使い方

基本的な流れとしては

  1. レイヤーを作成
  2. モーション調整
  3. レイヤーをマージ

の3ステップです。

 

今回はこのモーションの腰の動きを一部調整してみたいと思います。

1.レイヤーを作成

  1. アニメーションレイヤーを表示します。
    アトリビュートエディタの表示(CTRL+A)をポチポチ押してアニメーションレイヤーを表示させます。
  2. 調整したい腰のコントローラーを選択してLayers>Create Layer From Selected

    又はアニメーションの右上一番右のアイコンをクリックします

    AnimLayer1とBase Animationという2つのレイヤーが出来ました。
    選択されているレイヤーは緑になっています。

    調整用のレイヤーが選択されていることを確認できます。

2.モーションを調整

モーションを調整していきます。

  1. 先ずは影響を与えたくないフレームにキーを入れます。
    この作業をすることで調整したモーションの影響をそこで止めることが出来ます。
  2. あとはひたすら調整。
    オブジェクトの追加等出来ますのでレイヤーメニューをご確認ください

3.レイヤーをマージ

意図的に残しておきたい場合を除き、基本調整したアニメーションはBase Animationに統合します。

 

関連記事レイヤーをマージする必要性は受講内でもレクチャーされました。

 

  1. 【重要】マージしたいレイヤーを選択します。
    CRTL
    又はSHIFTを押しながらレイヤーを選択します。必ず複数選択をするはずなのでよく確認してください
  2. Layers>Merge Layers

    または右クリックMerge Layersオプションをクリックします

    moco
    デフォルトの設定のままだとフルフレームでベイクされてしまうので、既存のキーを活かした形でマージされるように設定変更します
  3. オブションのSmart Bakeにチェックを入れます。
    この機能はキーが打たれている所にだけベイクします。

    moco
    後のマージ(ベイク)を思うと、BaseAnimationと同じところにキーを入れて調整するのがよさそうですね。
  4. Mergeを実行します。
    調整したモーションがBaseAnimationに統合され、AnimationLayerが削除されます。

ポイントは選択してマージ

以前アニメーションレイヤーを使用してみて、アニメーションマージされない!!?

と思って移行しようしていなかったのですが、マージするレイヤーを選択する工程を飛ばしていたことに原因がありました。

今回改めて使い方を理解したのでこれからは活用していきたいと思います!

アニメーション関連書籍


 

関連記事レビュー







 

■廃盤になってしまったようなので高額な転売に注意

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事