ZBrush4R8-ZModeler機能色々 2

ZBrush4R8-ZModeler機能色々1の続き。
現バージョンは4R8なのでタグも4R8とします。タグのZModelerをクリックすると、他のコンテンツも見れます。

Zmodelerの機能や特性についてのドキュメントやら動画メモ







ActionのRepeat機能

ZModelerブラシは最後に行ったActionとその設定を保持しています。そのため、モデルの別の場所をクリックまたは別のTargetを選択すると、直近の操作を瞬時に再現することができます。

Actionごとに設定やパラメータを保存しているので、Actionを切り替えても最後に実行した設定はそのまま残ってます

デモ

  1. シンプルなplaneを用意。
    polygon Actionから Extrude
    TargetはA Single Poly
  2. グリッド上の他のポリゴンをクリックして、同じアクションを適用します
  3. polygon ActionからDeleteを選択。各部分の一番上のポリゴンを削除
  4. polygon ActionからBridgeを選択し
    TargetはTwo Hole
    1つ目の穴をクリックし、次に他の穴をクリック&ドラッグするとアーチが出来ます
  5. 同じ設定で同じブリッジを再現するにはまた2つの穴を選択します
  6. polygon Actionから Extrudeを選択すると、最初に作成したときの設定のまま適用されます

Zmodelerの挙動がおかしい!

やってみたらこんな挙動になりました

結論から言うと法線がひっくり返っていたことによるエラー動作でしたね。

今回このデモをやるにあたりQGridから始めたのですがどうやらこれがよろしくなかった模様。
Tool>Dsplay Properties>DoubleのOFFで両面表示をなくし、同プロパティのFlipで法線を反転させたら正常な動作に戻りました。※今回のエラー対応に表示のOFFは絶対ではないですが、分かりにくいので。

気づくのに時間がかかりました。

MASKING

その他のZBrushの機能同様に、ZModelerブラシはモデル上のマスクの影響を受けます。 また、標準のホットキー(Ctrl)を使用して一時的に現在のMaskブラシに変更することもできます。

マスキングは、マスクされたPiont、Edge、またはPolygonにActionの影響を与えないようにします。

ZModelerブラシでは、ターゲットポイント、エッジ、ポリゴンに基づいたクイックマスクを作成するためのMask アクションが利用できます。 これらのアクションを使用してマスクした後は、TransPoseの操作をして、モデルに正確なな変換を行うことができます。※GIZMO3Dでも可能っぽい

Targetedを除くモデル全体をマスクしてTransPoseモードに自動的に切り替えるTransPoseアクションもあります。

マスクで作業する場合は、トポロジの頂点に基づいていることに注意してください(PolyPaintingの色付けと同様)。 解像度が非常に低いモデルでは、マスクを視覚化するのが難しい場合があります。

Tool>Maskingサブパレットにあるすべてのマスキング機能はZModelerで動作します。

まとめ

使い慣れればローポリモデルすらZBrushで簡潔してしまいそうですね。次はアクションとターゲットや~!!
Zmodelerと関わりの深そうなDynamic Subdivisionもいずれはやりたいもんです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =