保育園生活を体験!保育参加に行ってきました~乳児編~

今年もいよいよあと1カ月。 寒さが身にしみる季節になりました。
そんな中、次男(1歳児クラス)の保育参加に行ってきました。
次男のクラスは子供13人で担任の先生3名です。







保育参加とは

保育体験会とでも表現した方がわかりやすいかもしれません。先生の体験をするわけではなく子供の保育生活に保護者がまぎれるというイベント。全家庭、保育園側から指定された3カ月~4カ月の間に都合の良い日を予約して、9-16時で参加します。一日一家庭限定。毎年開催されている楽しみな企画です。

目的

我が子の普段の保育生活を肌で感じること

どんな所で散歩をしているのか、どんな食事をとっているのか、どうやって寝ているのかetc。体験することでより一層安心感が増します。

また食事量や読んでいる本や普段の遊び歌など家庭生活での参考にもなります

先生への育児相談・日常生活の話をじっくり行える機会

朝も早く、夜も比較的遅めな我が家は、お迎えに行く時間に担任の先生がいないことが多く(夜番の先生が主)、いたとしても~10分程度にささーっと今日のハイライトを聞く程度でゆっくり話に時間をかける暇はお互いにありません。

そんな状態なので、普段の様子についての情報交換を行います。情報交換といっても雑談の延長上なんですけどね

保育参加ep1:午前の活動~お散歩~

保育園自体は7時から空いているものしばらくは異年齢合同保育で、クラスでの活動は9:30以降です。保育参加の場合は9:00登園なので、今回は遅めに行きました。

9:30 おはようのあつまり

クラス事に別れ、担任の先生から今日は私が参加する旨を子供たちに伝えられました。お迎えなどで面識があるため「(次男)のママ!」と人見知りもせず受け入れてくれました。みんな成長したねー

10:00 おさんぽ

あいにくの朝からパラパラの小雨、ギリギリ曇り空でしたが外には行けそう、とのことで園の近所をぐるり一周することに。12名の園児に対して先生3名(+私)の大所帯。子供らはお友達や先生、私とお手々をつないで林を抜け近所のわんわんを見に行ったり、お茶畑のそばでのお茶の実を拾ったり、大人の足で10分程度の距離をのんびり歩いていきました。

Note
先生は子供の安全に気を配りつつ、子供の要望に応えつつ、近所に気を配る

 

普段の保育のたまもので、道路にピャーっと飛び出すようなことはないですが、それでもまだ1歳児、目先のことでいっぱい!自然と道路の方に行ってしまいそうになったり、一人フラフラどこかに行ってしまいそうになったり、でっかい木の枝を振り回しそうになっていたりと様々な危険要因を発生させてくれます。それを静止したり、興味を別の方にむけたりと忙しい!

 もちろん近所の人へのあいさつは忘れず、会うたびに元気に挨拶をしていました。そういう細かな気配りも地域と共生していく大事なことですよね。

 

Note
子供の「普段の園での姿」は見れないモノと思え!

 

次男の親への独占欲が大爆発!
私が他のお友達が手をつなぐのはNO!ずっと抱っこ!
ある意味「普段の家での姿」を先生に見せることはできましたね(;´∀`)

10:40 園庭で一遊び

戻ってきてからは園庭で一遊び。兄のクラスも園庭に出てきたので一緒に遊ぶことができました。前述通り次男は抱っこマン状態。兄が出てきてもずっとママ抱っこ!
次男を抱えて鬼ごっこ。走り回ることに。長男マジで速い、、、orz

11:20 お昼ごはん

園庭から上げて、お着換え、おむつを替えて、手洗い、順次席に。
手洗いを促す先生、ごはんを持ってくる先生、紙芝居を読む先生と分かれて準備。ごはん前に読んでいた紙芝居はこちら。

ごきげんのわるコックさん

もうね。紙芝居によびかけたり、紙芝居で出てくるペロペロキャンディーをアムアム言いながら食べたり子供らみんなマジ天使。こういうのはみんなと一緒だから見れる姿ですね。

Note
先生はそれぞれの卓について、ごはんのサポート

ALL手作りの給食です。なかなか食べない(特にお野菜)や上手にすくえなかったりした時のフォロー、お代わりの配膳をしたり。もちろん我が子は膝の上。

12:20 お昼寝

食事の片付けをしたり、子供をブロックなどで遊ばせている間に先生は床を軽くお掃除。お昼寝準備。再度おむつを替えて、12人(息子は私担当)を3人がかりで順次寝かせていきました。遅い子は~13時ぐらいまでかかるそうです。

Note
先生方は寝かせの達人。
各子供ごとの気分に合わせ、トントンしたり、抱っこだったり。

休みの日のお昼寝は適当な時間にする次男もこの時はしっかり同じタイミングでしていましたね。




保育参加ep2:先生とのお昼と談話

次男を寝かせたのちは、3人の先生のうち1人とお昼をとりました。
内容は子供らが食べていたものと同じもので大人サイズ+みかん。毎日良いもの食べさせてもらってます。

先生との話

  • 普段での家庭の様子、園での様子の違い
  • 友達とどのようにして遊んでいるのか
  • 自分から友達と遊びに行くのか(心配事)
  • 子供のかわいいエピソード
    etc
次男担任A

ホントーにかわいくて!イヤイヤ言ってても全然OKです!!

とか聞くと、あぁー大切にされているんだなーとヒシヒシ感じますね

Note
ベテラン先生は身体が丈夫。

これは冗談抜きで(笑)

今回昼食をともにした先生は若い先生で、

ノロとか胃腸炎とか子供から何回かうつったことがあるんでこれからの時期怖いですよねー。先生方大丈夫なんですか?

次男担任A

私去年2年目だったんですけど、3週間連続でかかりました。でも、担任B、C先生(20年以上を誇る超ベテラン)は全然かからないらしいです!

ですって。雑菌にさらされて過ごすと体が強くなるんですね、、(褒)

保育参加ep3:午後の活動~お手伝いとおやつ~

食後 先生方のお手伝い

布おむつの中敷きを畳んだり、クリスマスの準備のごくごく一部を手伝ってました

Note
子供が寝ても先生方のお仕事は続く
先生方と言えば、子供らを寝かしつけた後、交代で食事&休憩に入ったり、連絡帳を書いたり、時期イベント(今ならクリスマス)の準備などにいそしんでいました。
子供たちが寝ている各クラスには必ず一人待機(というか仕事)をしている先生がいていて部屋を空にすることはありませんでした。
14時半を過ぎたあたりから子供たちがちょこちょこと目覚め、15時にはみんなを起こしまいたね。
次男は私の声が聞こえた途端(クラス内での作業)目が覚めたようで、先生がササッと私の近くに布団を移動、次男は私のそばでまどろんでいました(笑)

15:00 おやつの時間

おむつを替えて手を洗って着席。もちろん手作りおやつでみんな大好き!
、、、なはずなのに、、次男はごきげん斜めのためあまり食べずでした。

というのも、おやつ前のちょっとした時間の間に私が他の子と遊んだり(次男と交代で)、手洗いのお手伝いをしてあげたのが気に入らなかった模様。

16:00 保育参加終了

15時半ぐらいには長男がおやつを食べ終えてて飛んできました。(次男クラスはまだ食べ始め)そのためふてくされ次男ももう帰るモード。

結局そのまま荷物をまとめて16時前には保育園を後にしました。

他の子たちはお迎えが来るまで園庭で遊んだり、夕方以降はお部屋で遊んでお迎えを待ちます

保育参加を終えて

普段がっつりデスクワークな私にはこの9-16時の活動で既にグッタリ。眠さmaxでした。

Note
参加するときは厚着すべし

寒かったです。大人より一枚薄く過ごせる子供に合わせるため、室温もさして高くない。先生方は準備万端パーカーなど装備済み。装備のない私は外用のコートを着ていました

保育園・先生方に感謝

先生方はこの寒さの中、8時間以上、毎日この生活をこなしているわけですから体力がすごい。そして子供の自由奔放さを受け入れ、時には正し、時に見守るその精神力がすごい。丁寧に保育してくださってる先生方に感謝しか浮かびません
保育園の先生方の苦労を垣間見る機会にもなるので、より園行事にも協力的になれますわー。

どこぞの「誰でもできる職業」だとほざいたやつにマジお前やってみろよ、と言いたいです。

長男(幼児)の保育参加は年明けに予定しているので、また参加したらまとめます
いい一日でした







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − one =