ZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作の続き。Gizmo 3Dになって複数のSubToolをまとめて扱えるようになりました。
タグのGizmo3Dをクリックすると、他のコンテンツも見れます。
参考ドキュメントはこちら

スポンサーリンク

Gizmo 3Dと複数のSubTool

Gizmo 3Dを使用すると、一度に複数のSubToolに移動、拡大縮小、または回転を適用できます。 複数のSubToolの操作は、Gizmo 3Dでのみ可能です。複数のSubToolsを同時にスカルプト、デフォーマを適用するなどの他の操作は不可能です。

複数のSubToolsを同時に変換するには、まず、Gizmo 3Dの上部にある「Trans­form All Selected SubTools」モードを有効( )にする必要があります。 Gizmo 3Dがこの状態になると、表示可能なすべてのSubToolsをGizmo 3Dで操作できます。 ZRemesher、Inflate変形、サブディビジョンレベルの追加などの他の機能を使用する場合は、現在選択されているSubToolだけが影響を受けます

SubToolの選択

複数のSubToolをすばやく簡単に操作するには、SubToolリストにある表示設定を使用します。表示されているSubToolのみがGizmo 3Dの影響を受けます。

別の方法として、temporary selectionモードを使用する方法があります。 これは、Gizmo 3Dモードにあり、「Transform All Selected SubTool」モードが有効な場合にのみ機能します。このコマンドは、Hide/Showブラシ(LassoとMarqueeブラシ)のコマンドと似ています。

まとめ

直感的にクリックで選択のON/OFFが出来るので楽チンですね

☆ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCore(ZBrushの簡易版)からどうぞ

コメントを残す

4 × 1 =

関連キーワード
ZBrushの関連記事
  • ZBrush-ZSphere Sketchの基本
  • ZBrush 逆引きTips
  • 平らに均す!-Planarブラシ
  • ZBrush4R8-GIZMO 3D デフォーマー後編
  • ZBrush-3DLayerの基本
  • ZBrush 4R8 インターフェースを日本語から英語に
おすすめの記事
3dsMax
3dsMax-tipsの続き。モーションパスまわりについて。 ver.2015です コンテンツ1 モーションパス作成2 モーションパスからス...